Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国選挙直前に北朝鮮が弾道ミサイル発射

韓国選挙直前に北朝鮮が弾道ミサイル発射

日本の防衛省は、重要な韓国総選挙の1週間前である火曜朝、北朝鮮が少なくとも1発の弾道ミサイルと思われるミサイルを発射したと発表した。

同省によると、ミサイルは午前7時に発射され、発射から数分後に日本海に落下した。 ミサイルは海岸から200海里(370キロ)離れた日本の排他的経済水域外に落下したとみられる。

岸田文雄首相は、日本政府がこの動きに抗議したと述べ、日本は米国および韓国と協力して最新の発表を分析していると付け加えた。

韓国軍も発射を認めた(北朝鮮は3月18日以来3発の弾道ミサイルを発射している)が、その他の詳細はすぐには入手できなかった。

核武装した北朝鮮では、4月10日の韓国総選挙に向けて緊張が続くと広く予想されており、観測筋らは武器実験や軍事演習が今後数日間続く可能性があると述べた。

同選挙に向けた正式な選挙活動は木曜日に始まり、5年の任期のうち残り3年間、尹錫悦大統領を不自由なままにしておこうとする野党の動きの中、与党・国民の力党は議会過半数の獲得を目指している。

尹氏は、歴史や通商問題で数十年にわたって二国間関係が最悪の状態にあった後、北の隣国に対して強硬姿勢をとり、同盟国である米国との関係を強化し、日本との防衛関係を劇的に改善させた。

READ  イエレンは安倍暗殺後、日本への旅行の一部をキャンセルした