Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓米日三国経済共同体の発足

韓米日三国経済共同体の発足


CEO Insights アジアチーム | 2024年6月28日金曜日

壊す

韓国産業総連合会 (FKI) が開会式を主催 韓米日貿易対話 ワシントンD.C.では、韓国、米国、日本のビジネス界が集まり、正式な三者対話が設立されました。 この特別協議は以下の協力を得て企画されました。 米国商工会議所 UAE と日本経済団体連合会 (経団連) とのこの共同協力は、3 国の産業界間の重要な協力努力を表しています。

同日、ワシントンで開かれた韓・米・日の初の産業大臣会合と同時開催されたこの会合で、韓・米・日の主要経済3団体は共同で民間ビジネス対話の開始を発表した。 今後も定期的に会合を開催することで合意した。 韓国のアン・ドクギュン産業通商資源部長官は、三国間ビジネス対話の設立を熱烈に歓迎した。

「今日の会合の直前に、私は斉藤大臣およびライモンド長官と初の三国間産業大臣会合を開催し、三国間産業協力の発展と世界的リスクへの共同対応に協力する用意があることを確認した。」

この会合にはサムスン電子、SK、現代自動車、ハンファ、ポスコ、暁星、LSなど韓国企業8社が参加した。 インテル、マイクロン・テクノロジー、クアルコム、アマゾンを含む米国企業10社。 トヨタ、ソニー、日立、住友など日本企業8社が参加した。 このイベントでは、韓国産業連盟、米国商工会議所、産業連盟の間の協力を強化するための覚書が署名された。

覚書には、昨年8月にキャンプデービッドで行われた三国首脳会談での合意に基づき、経済安全保障と技術分野での三国協力を強化する約束が盛り込まれている。 この約束の一環として、三か国は韓米日ビジネス対話を少なくとも年に一度開催することを約束した。 さらに、これらの貿易協議は、三国の国家元首または政府首脳が参加する会合と同時に行われることが合意された。

FKIのキム・チャンボム副社長は、「日中韓首脳会談で議論された産業経済分野での3国協力が書面で制度化されたことで、三国間のより安定した経済協力につながると信じている」と述べた。 。 米国商工会議所のチャールズ・フリーマン上級副会頭は、「覚書を履行するため、我々は引き続きFKIおよび経団連と協力し、半年ごとの作業部会会議と年次総会を開催する」と述べた。

経団連の原一郎事務局長は「これにより、経済界は3か国の政策決定過程に発言権を持つことができるようになる」と述べた。 「不安定な地球環境の中、三国間の協力の重要性は高まっており、新たに設立された三国間の枠組みを通じて協力がさらに強化されることを期待しています。」

READ  日米同盟は、インド太平洋の平和と安全の礎である:バイデン