Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

須藤蓮インタビュー

須藤凛がABYSS、夜の東京、日本映画産業、スタント、そして環境としてのナイトクラブについて語ります。

須藤 凛は、日本の俳優、映画監督、脚本家。 2017年より『リトルミスピリオド』『蒲田前奏曲』など、長編映画からテレビドラマまで数多くの作品に参加。 2022年には初の長編映画『ブラックライト』を監督し、第二作『アビス』と同じくニッポンコネクションにて上映された。

ニッポンコネクション2024での『アビス』上映を機に、プロジェクトの成り立ちや登場人物、日本のインディペンデント映画の現状などについて語ってもらった。

「The Abyss」はとてもロマンチックな物語だと言わざるを得ません。 あなたは自分をロマンチストだと思いますか?

はい、もちろん。 新しいプロジェクトを始めるとき、私はまずロマンチックでセクシーなシーンについて考えます。 もしかしたらそれが私をロマンチストにしているのかもしれません。

あなたの映画は東京の両面を描いていますが、東京は夜のほうが好きですか、それとも昼のほうが好きですか?

「Abyss」は、映画の主人公と同じように、私も長い間渋谷で働いていたので、ある種の自画像です。 私にとって、日本のこの地域はかなり暗いですが、夜もとても美しいです。 パンデミックの最中、私は路上に人がいない、またはほとんどいないバージョンの渋谷を体験し、あたかも大災害後の世界に生きているかのような感覚を覚えました。 当然のことですが、その建物は巨大な人工岩のように見えました。 まるで人工の巨大な海の中にいるような気分になりました。

「アビス」とその主人公の物語の中で、実際にどのくらい自伝が取り上げられましたか?

50~70パーセントは自伝的か、少なくとも私自身の経験からインスピレーションを得たものだと思います。 この映画に登場するキャラクターは、私が渋谷で働いていたときに出会った人々からインスピレーションを受けています。 私の兄は家族の中で黒い羊のような存在ですが、彼に起こった出来事は今でも非常にショックなことだと思います。 「The Abyss」は、この経験に対処する私の方法でもあります。

キャラクターがナイトクラブで踊るオープニングシーンなど、多くの画像は非常に強烈で雰囲気のあるものだと思います。 これらのシーンに対するあなたの美的アプローチと、DOP Sigma Sudo とのコラボレーションについて何か言っていただけますか?

シグマは私の親しい友人の一人です。 彼は写真家ですが、非常に才能のあるCEOでもあります。 ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』のような、日本を海外の視点から描いた映画を見るのはとても面白いと思います。 シグマには、私が「Abyss」で望んでいた日本に関するこの視点をエミュレートする能力があります。

たとえば、多くの日本の監督のクラブシーンの撮り方に私は不満を感じています。 そして、日本の小説を映画化したイ・チャンドン監督の『バーニング』のような映画では、これまでとは違った、そして一般的により満足のいく日本描写が見られます。 彼のナイトクラブでのシーンの撮影方法は、私自身の経験に近いです。 とても親密で強烈です。

ナイトクラブのシーンは物語にとって重要です。 先ほども言いましたが、それは海によく似ていますが、同時に自然ではありません。 それは人工的に作られたものであるため、主人公はそこに家を感じます。

映画のレビューをチェックしてみよう

ナイトクラブは主人公にとって隠れられる洞窟のようなものだと私はいつも思っていたので、これは興味深いアイデアです。

これも真実です。 ナイトクラブや映画のその他の要素についてどのような理解があるにせよ、それらはほとんどが人工的に作られたものであり、主人公がそこでくつろぐという事実には変わりありません。 たとえば本物の海に近づくと、彼はいくぶん恐怖を感じます。

プロジェクトにリスクを負うことを好む制作会社のオーナーとして、日本の独立系映画業界は十分なリスクを負っていないと思いますか?

はい、そうします。 映画「ジ・アビス」で描かれているように、日本は若い国ではなく、新しい視点が十分にないため、リスクを取るのではなくより安全な意思決定をすることになります。 私の国の映画制作にも同じことが当てはまります。 クリエイティブなプロセスではリスクを冒して挑戦する必要がありますが、日本の映画業界は時代遅れというか固定的で、既成概念にとらわれずに考えることがほとんどありません。 そのため、自分の制作会社を持つことが私にとって重要でした。創造的に 1 か所に留まり続けることは私が望んでいることではないからです。

READ  「新幹線」スターのアンドリュー・コウジと真田広之はもっとふさわしい