Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

飛行機のタクシーは2025年までに日本の空に出るかもしれません

飛行タクシーは2025年までに日本の空に出る可能性があります。出典:SkyDrive

  • 日本は、大阪万国博覧会に間に合うように、約4年以内に人々にタクシーを紹介することを目指しています。
  • 東京を拠点とするスカイドライブは最近、産業界を後押しするために大阪市や県と協定を結んだ。
  • SkyDriveは、2025年日本国際博覧会でモビリティサービスを開始することを目指しています。

モルガンスタンレーによる2019年の調査では、アナリストは、電気垂直離着陸(eVTOL)航空機の世界的な需要は約2040年までに1.5兆米ドルに達すると予測しています。 まだその数にはほど遠いですが、4年後の大阪で最初の空飛ぶタクシーを目にするかもしれません。

今月上旬、 スカイドライブ株式会社東京を拠点とするスタートアップ 2025年日本国際博覧会で使用する空飛ぶ車の艦隊を建設し、運営するために大阪府庁とパートナーシップ契約を締結。 SkyDriveのCEOである福沢知宏氏は、2050年までに、首都の23のスイート内のあらゆる目的地に10分以内で誰でも旅行できるようになると確信しています。

念のため、わずか3年前に設立された空飛ぶ車の開発者は、昨年8月に有人車両の最初の日本の公開試験飛行を実演しました。 それ以来、彼らは現在の交通手段よりも有利なオプションとしてそのようなモビリティを提示することを望んでいます。

テスト飛行で使用されたSkyDriveSD-03は、4つの場所にまたがるローターを駆動する電気モーターを動力源としており、各場所に2つのローターが収容されており、同社は世界最小のeVTOLビークルの開発を目指しています。

トヨタ自動車のエンジニアを含む約100名の従業員を擁するスカイドライブとのパートナーシップ契約。 また、三菱重工業(株)、大阪府、大阪市は、万国博覧会に先駆けて、主に西日本の首都での空飛ぶ車の実用化を目指しています。

報告によると、吉村洋文大阪知事は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと、たまたま会場となった人工島のヨムシマとの間を5 km飛行することで、2024年に大阪湾エリアで空飛ぶ車が乗客を魅了し始めるのを見たいと願っています。展示会のために。

友広氏によると、「大阪は、その革新の記録、世界定期博覧会、そして都市部が川、湾、海で囲まれ、接続されている地形のため、日本で航空輸送を開始するのに理想的な場所です。空を飛ぶ車は、空を日常の輸送に利用できるようになります。」

現在、スカイドライブは、各コーナーにローターを備えたフルサイズのドローンのように見える2人乗りの空飛ぶ車をテストしていると言われています。 また、SkyLiftと呼ばれる貨物配送業者も提供しており、困難な場所やアクセスできない場所に商品を配送するために使用できます。





READ  オーストラリア海軍、日本、英国、および米国海軍がMPX2021演習を実施