Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

驚くべき動きで、日本は非常事態宣言にさらに3つの州を追加しました

日本は、COVID-19の流行によって大きな打撃を受けたさらに3つの州で非常事態を宣言すると、西村康稔経済相は金曜日に述べた。

東京オリンピックが始まる10週間前、日本はCOVID-19の発生を警戒しています。

抗コロナウイルス対策を担当する西村氏は、北海道、岡山、広島が5月31日まで東京、大阪、その他4州で非常事態宣言に加わると述べた。

政府は最初に、さらに5つの州に対して非常に的を絞った「半緊急」宣言を提案しました。

西村首相は会談後、記者団に対し、「(専門家との)会合では、異なる見解が表明された」と述べた。 「これらのコメントに基づいて、当初の提案を撤回し、この新しい提案を考え出し、承認を得ました。」

計画通り、3つの州が低通知に含まれます。

最新の措置では、日本の47の州が人口の70%をカバーしており、午後8時までにレストランを閉店したり、バーやレストランを禁止したりしています。

ロイターのデータによると、専門家によると、医療資源は限界に追いやられているが、日本のワクチン接種国ではワクチン接種を受けているのはわずか3%である。

会見に出席しなかった政府報道官のガド勝信氏は記者会見で、「(政府委員会の)メンバーが強力かつ断固たる措置を講じるべきだとの意見を表明したことを理解している」と述べた。

菅義偉首相は午後8時(グリニッジ標準時1100時)に記者会見を開き、結果を説明します。

世界的な大流行により2020年から1年間延期された夏のスポーツに対する国民の反対は、日本が新たな大流行を制御するのに苦労している間も続いています。

マラソンの開催地である北島北海道では、木曜日に712件の症例が記録されたのに対し、東京では1,010件でした。 全国で、これまでに日本では、11,161人の死亡者を含む656,000人の確定症例が見られました。

ソフトバンクグループ(9984.T)の孫正義最高経営責任者(CEO)は、オリンピックのトップビジネスマンによるまれで露骨な暴露の中で、日本と各国が選手を東京に送ることを恐れて、オリンピックについて「怖い」と述べた。

A change.org請願 オリンピックのキャンセルの呼びかけは、オリンピックとパラリンピックのチームリーダーと東京知事の百合子に提出された、わずか9日間で35万以上の署名を受け取りました。これは、フォーラムの日本版の記録的なペースです。コイク。 続きを読む

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  バリュー投資家が日本に注目すべき理由