Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

高い石油価格は日本の伝統的な銭湯を冷やすことができます

東京、11月26日(ロイター)-コビット19の流行は、1949年以来隣人が懸念を吸収している東京の裏通りにある伝統的な日本の銭湯であるタイニタカラ湯を殺すことができなかった。

しかし、3代目オーナーの伊藤徳二氏にとっては、石油価格の高騰が次の試練だ。

今年の寒い時期には、日本の首都西部にある彼の近所の生活の一部であるタンクの水を加熱するために、彼は昨年よりも50%多く支払う必要がありました。

今すぐサインアップして、reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「それは非常に難しい」と伊藤さん(53)は言った。 「大企業にとって、それは大したことではありませんが、私たちのような小さな家族経営の場所にとって、それは非常に困難です。」

大浴場、または銭湯は、伝統的に、自宅で入浴しない人々に提供され、入浴者が温水浴槽に浸る前に、男性と女性が別々のセクションでこすり​​洗いします。 彼らはまた、社交の場でもありました。

エトオは東京のコロナウイルスの緊急事態の一連の波を経験しました:彼の古い顧客の数は3分の1減少しましたが、銭湯は開いたままでなければなりませんでした。

しかし、彼は今、昨年の冬に30万円からボイラータンクに注入されたボイラーを加熱するための燃料油のために、1月と12月に月額45万円(4,000ドル)に直面しています。

お風呂の値段は東京政府が決めているので、値上げはしないが、それ以上は請求しないとのこと。

「流行の後、私たちは人々を取り戻すことを望んでいました。それで、これらの高い価格は難しいです」と彼は言いました。

日本の銭湯はもう問題ありません。 その数は1968年に全国で18,000に増加しましたが、数十年にわたる社会の変化の後、現在は1,964に過ぎず、自宅に風呂が増えています。 多くは銭湯を提供したり、顧客を感動させるためにサウナを持っています。

伊藤氏は、燃料が少なくて済む暖かい季節まで、これを難しくしたいと考えています。 5年前に家業に復帰した元石油トレーダーは、価格が過去の記録に達することはないと考えている。

現在、午後3時30分にバスルームが開く前にお客様が並んでいます。

週に3〜4回来る山崎修二さん(70)は「値上げしても構わない。このお風呂がないと本当に困る」と話した。

今すぐサインアップして、reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

Elaine LiesReportとAkiraTomoshiz編集:PeterGroffとJerryDoyle

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本が56個のオリンピックメダルを獲得:日経とFTの予測