Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

高速太陽嵐が地球に向かうにつれて、電話とGPS信号が中断される可能性がある、科学ニュース

米国航空宇宙局(NASA)は、時速160万キロメートルで移動する高速の太陽嵐が7月12日に地球の大気に到達すると予測しています。

Spaceweather.comのレポートによると、電気通信を混乱させる可能性のある嵐は、毎秒最大600キロメートルの風速を生み出す可能性があります。

太陽嵐は地球の外気を加熱する可能性があり、衛星に直接影響を与える可能性があります。

これにより、GPSナビゲーション、携帯電話の信号、衛星テレビが中断する可能性があります。

電力線は大量の電流を流す可能性があり、変圧器を爆破する可能性があります。

この現象を研究している科学者は、それが11年周期で現れ、その高さで1日に数回地球を攻撃できることを発見しました。

科学者たちは、太陽の現在の活動に基づいて、太陽嵐が2024年頃にピークに達すると予測しています。

たとえば、1989年にケベックで発生した大規模な太陽嵐により、大規模な停電が発生し、今年の5月に地球の磁場での複数の衝突が報告されました。

太陽嵐は、衛星や電子通信を妨害するだけでなく、北極圏の周りの場所で見ることができる空に見事なディスプレイを作成することが知られています。

(代理店からの入力あり)

READ  最新のコロナウイルス:ロシアの時計は、デルタ株の蔓延に伴う「コビッド」による死亡者数を記録しています