Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

高齢化が進む日本では、認知症患者が「Wrong Order Café」を利用する

東京 — 85歳のウェイターはシフトを始めるのに熱心で、「いらっしゃいませ!」と心のこもった挨拶で客をレストランに迎え入れた。 または「こんにちは!」 しかし、注文を受ける段階になると、事態は少し複雑になりました。

彼はテーブルまで歩いて行きましたが、注文書のクリップボードを忘れてしまいました。 彼は用心深く間違ったテーブルにケーキを届けた。 ある顧客は、座ってから水を一杯飲むまでに16分待った。

しかし、それについて誰も文句を言ったり大騒ぎしたりしませんでした。 そして毎回、顧客は彼の混合物を受け入れました そして彼と一緒に笑いました。 それが「オーダー間違いカフェ」こと「オレンジデイ仙川」です。

東京の西の郊外、仙川にあるこの 12 席のカフェでは、月に 1 回、認知症の高齢者をウェイターとして雇っています。 カフェの前オーナーには認知症の親がおり、新オーナーはそのスペースを認知症カフェとして毎月貸し出すことに同意した。 主催者は現在、地方自治体と協力して地域の認知症患者に働きかけている。

そこは、子どもたちが新しい人々と交流し、生産性を高め、必要とされていると感じることができる安全な空間です。これが、治療法のない神経変性状態である認知症の進行を遅らせる鍵となります。

「ここはとても楽しいです。ここにいるだけで若返ったような気がします」と、2年前から認知症の症状が出始めた給仕の森田敏雄さんは語った。

終わりのない屈辱と経済的負担をもたらす認知症は、あらゆる社会が直面する世界的な現象です。 しかし、世界最長寿社会である日本において、認知症は国民健康上の差し迫った課題となっている。

日本の人口約1億2,570万人のうち、約3割が65歳以上の高齢者です。 日本人の認知症患者は600万人以上と推定されており、その数は730万人、つまり65歳以上の5人に1人にまで増加すると予想されている。 – 保健省によると、2025 年までに。

日本では慢性的な介護者不足と高額な高齢者介護費用のため、認知症患者が自宅や病院で孤立するのではなく、できるだけ長く精神的にも肉体的にも活動できるよう、彼らに力を与える革新的な方法を見つける必要がある。

このギャップを埋めるのが認知症カフェです。 このコンセプトは 2017 年にポップアップ イベントを通じて日本に紹介されましたが、現在ではさらに恒久的な取り組みが全国各地で行われています。

日本は6月、認知症患者を支援するための多数の新たなプログラムやサービスを活性化する法案を可決し、岸田文雄首相はこれを緊急の国家プロジェクトと呼んだ。 日本の保健省は、新たな認知症コンサルティングと研究の取り組みには、2024 年だけで約 9,600 万ドルの費用がかかると見積もっています。

5年前に認知症と診断された和彦さん(65)は毎月カフェで働いている。 彼の妻は、彼がデイケアで出会った人々以外の人々と交流できる場所を見つけたいと考えていました。 和彦さんの家族は、家族のプライバシーを守るため、和彦さんの名前を公表するよう求めた。

ある時点で、和彦さんは注文をしようとテーブルに向かっていたが、外で建設作業員が大きな音を立てたため、気が散ってしまった。 彼はカフェを出て音のする方向へ進み始め、スタッフが急いで彼を連れ戻した。

“どれぐらいここで働いていますか?” ある訪問者に尋ねた。 「今日が初めてですか?」

和彦は「はい」と答えたが、それは初めてではなかった。

和彦はもうほとんど話したり、感情を表に出したりしません。 彼は通常、何度か会うまでは顧客と目を合わせません。 しかし、その日は笑顔を見せた。

笑顔は、シフォンケーキと柑橘系のゼリーのデザートを求めて正午に訪れた有川友美さん(48)と娘のさやかさん(16)に向けられた。 さやかさんは学校で夏休みの自由研究に取り組んでおり、春に亡くなるまでの4年間病気に苦しんだ祖父を偲び、認知症をテーマに選んだ。

和彦は彼らに注文を持ってきた。 さやかが礼を言って微笑むと、彼も笑顔になった。 「本当に特別な気分でした」と彼女は語った。

「双方にとって常に困難なことがたくさんある」 [the patients and their families] 「でも、本当のつながりができたとわかる瞬間もあります」と有川さんは言う。

「先ほどの感謝の後に彼が笑っているのを見て、私たちが過ごしたあの瞬間を思い出しました」 [with my father]「泣きそうになった」と彼女は語った。

4月からは月に1回、ランチタイムに「Wrond Order Café」をオープンしている。 ある認知症患者は、認知症ケアを連想させる色である明るいオレンジ色のエプロンを着て、時間給の使用人として働いている。 キッチンの近くには専用の椅子があり、注文の合間に休憩することができます。

若いボランティアは、古いサーバーがシンプルで色分けされた注文フォームに顧客の注文をマークするのを手伝います。

先輩たちはテーブル番号を覚えるのが大変だったので、スタッフがテーブルごとに色を変えた一輪の花をセンターピースにしてくれました。

カフェ関係者は、認知症患者が交流する人々の理解と忍耐があれば、活動年数を延ばすことができるということを地域社会に理解してもらいたいと考えた。

カフェの運営を手伝う岩田結さんは「老人ホームに入所したり、自宅で孤立したりしている高齢者がたくさんいるので、私たちの取り組みが認知症の人たちに楽しみになってもらえれば」と話す。 「人々の理解が深まれば、認知症の人もカミングアウトしやすくなる」。

85歳の森田さんは、保険のセールスマンであり、町内会の会長を長年務めているため、顧客とのおしゃべりが止まらないのは当然のことだ。 しかし2年前、突然近所の人の名前を思い出せなくなった。 彼は仕事を続けたいと思っていましたが、どこで仕事をすればいいのか分かりませんでした。

妻によると、森田さんは出勤日の朝、出発時間に10分おきに遅刻しないか尋ねていたという。 彼は彼らがいつ出発するかを忘れ続けましたが、彼の興奮は止まりませんでした。 彼はカフェへの道順を覚えていないので、妻が彼をカフェに連れて行って、彼が仕事をしている間にケーキを食べます。

到着すると、彼は若いスタッフに挨拶し、手を差し伸べた。 彼らは彼のオレンジ色のエプロンを着て、ハンカチを締めました。

「彼はここに来るのをいつも楽しみにしていて、月に一度では足りないと言っています」と妻の雅子さん(80)は語った。

READ  MITの物理学者は、量子「時間反転」を利用して重力波と暗黒物質を検出します