Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

高齢者の日本は自動運転車のルールを強化し、地方の動きを監視しています

東京-日本の運輸省は、自動運転車に厳しい安全要件を導入し、高齢者や農村地域で人間の運転手なしで走ることができるバスやその他の公共交通機関への道を開くことを計画しています。

日本では、人間による制御を必要とせず、ホイールやペダルなしで操作できるレベル4の自動化が見られ、赤いサービスが出血を引き起こす遠隔地に移動ソリューションを提供します。

レベル4の車両は、悪天候や緊急事態でも自動的に動作する必要があるため、高い安全基準が必要です。 現在の基準は、人間が緊急時にどのように運転するかに応じて、レベル3のみをカバーしています。

国土交通省は、救急車が近くにあるときに安全かつ自律的に牽引する機能など、車両の高度な制御を要求することを目指しています。

2022年度に予定されている日本の道路交通法の改正に伴い、安全要件を改善する計画であり、遠隔監視された自動運転車が特定の地域内で動作できるようになります。

3月には、日本沖のプクイ県にある伊平寺市が、日本で初めてレベル3の輸送サービスを開始し、運転手が3台の長距離観光車両を監視しました。

運輸省はまた、横浜市を含む5か所で自律バスをテストした。

政府は、2025年までに全国40か所、2030年までに100か所以上で第4層輸送サービスを提供することを目指しています。

レベル4の技術は、2025年まで日本の乗用車に普及するとは予想されていません。

READ  2021年のBDSスコアは日本で最大の1週間の販売記録です...たった1日で