Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

麻疹感染者5人確認を受け、日本の保健大臣が注意喚起

麻疹感染者5人確認を受け、日本の保健大臣が注意喚起

日本の木津武美厚生大臣は、アラブ首長国連邦からの到着者で5人の麻疹感染が確認されたことを受け、麻疹に感染する可能性に対して警戒するよう国民に呼び掛けた。

最近、ヨーロッパ、東南アジア、その他の地域で麻疹の流行が発生しています。

木曜日の時点で、日本は先月末に大阪の関西国際空港に到着した中東の国からの飛行機の乗客の間で5人の感染を確認した。 感染者は大阪府、愛知県、岐阜県の在住者。

武見氏は金曜日、記者団に対し、欧州での感染者数は前年度の30倍以上で、一部の重篤かつ致死的な感染症も含まれていると伝えられていると語った。

最近海外旅行が回復している日本でも感染が拡大する可能性があると懸念を表明した。

麻疹ウイルスは感染力が非常に高く、空気暴露によって広がる可能性があります。 武見氏は、必要に応じてワクチン接種を検討し、地域の感染症に常に注意するよう国民に呼び掛けた。

また、公共交通機関の利用を控え、感染の可能性がある症状が出た場合は電話で医師に相談するよう呼び掛けた。

READ  NASAの火星偵察オービターが宇宙から中国のローバーの写真を撮る