Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

黒田氏は、日本銀行はETFを「大胆に」購入する用意があると述べており、いつ

黒田東彦日銀総裁は木曜日、中央銀行は必要に応じてETFを「大胆に」購入する準備ができていると述べたが、現在の市場の敗北を食い止めるために介入するかどうかについてのヒントは提供しなかった。

中央銀行は、世界的な投入コストの上昇とウォール街での技術売却の懸念の中で日本の株価が急落したにもかかわらず、今月はETFの購入を控えました。 続きを読む

黒田氏は、日銀の買収は一定水準の株価を下支えすることを意図したものではないと述べ、介入の時期は当時の市場動向に基づく運用上の決定であったと付け加えた。

黒田氏は、「数日で株価が一定額下落した場合など、ETFの購入に一定の自動ルールはない」と述べた。

「必要に応じてETFを大胆に購入するという私たちのスタンスにまったく変化はありません」と彼は付け加えました。

大規模な刺激策を持続可能にする取り組みの一環として、日本銀行は3月に、一定の年次ペースでETFを購入するという公約を放棄し、現在は必要な場合にのみ介入することを約束しています。

それ以来、3月に3日間のETFを購入し、4月に1回、5月にはまったく購入しませんでした。 これは、昨年の月平均6日間の出現をはるかに下回っています。 続きを読む

日経(.N225)指数が4ヶ月で最低値まで2.5%下落したため、市場は木曜日に日銀が介入するかどうかを見極めるのを待っていました。

黒田氏は、日本銀行の第一のスタンスは、市場のボラティリティが大きいときにETFをまとめて購入することであり、そうすることが影響を最大化するのに最も効果的であるという調査結果に基づいていると述べた。

日本経済に関して、黒田氏は、COVID-19の新しい亜種の突然の増加と緊急措置の3番目の緊急事態が成長に影響を与えるため、見通しに対する継続的なリスクについて警告した。

黒田氏は、「経済活動は、当面、エピデミック前の水準を下回るだろう」と述べた。

「私たちは、私たちの政策の影響とコストを考慮に入れ、企業の利益、雇用、賃金の成長を伴う適度なインフレを達成することを目指します」と彼は言いました。

日本経済は第1四半期に縮小する可能性が高く、アナリストは、ウイルスの拡散を防ぐための新たな緊急規制が消費を冷やし続けているため、4月と6月には緩やかな回復が見込まれます。

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  野村は在宅勤務者でも禁煙