Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1つのタンクにあるロックフォードの日本の美術館、庭園、スケートボード

イリノイ州ロックフォード(WLS)-ガスタンクで訪れる楽しい場所であるOne TankTripsのRozVaronの特集は、イリノイ州ロックフォードのいくつかの隠された宝石で続きます。

ロックフォードはシカゴエリアに比較的近いので、ほとんどの人はそれを目的地とは考えていません-なぜそこにあるのかなどをお見せしましょう!

ロック川の​​ほとりに位置するロックフォードは、長い間工業都市として知られていましたが、近年、それは変わりました!

「私はこの素晴らしい街について人々に話すのが大好きです!」 ロックフォード地区コンベンションアンドビジター局の社長兼最高経営責任者であるジョン・グローは述べています。 「過去10年間で、多くのリバイバル、多くのルネッサンス、家族、男性、ガールフレンドのピエロなどのための素晴らしい活動がありました。過去2年間で、ダウンタウンの中心部で壁画が爆発的に増えました。25以上壁画は今、繁華街にあります。」

私たちはそれらの壁画からそれほど遠くないところにツアーを始めました。 リバーロックの向こう側には、104年の歴史を持つかつての工場の建物に建てられた新しいエンバシースイーツホテルがあります! Rockford CityMarketを構成する多くの新しいレストランの1つであるCrustandCrumblesに立ち寄りました。

「朝食サンドイッチ、ペストリー、パン、ランチオプション、コーヒー、そしてたくさんのおいしい料理を提供しています!」 Jojo Genden、オーナー、パン屋、そしてCrust andCrumblesは言った。

車で3分で、リバーフロントミュージアムパークのキャンパスに到着しました。 受賞歴のあるインドアアンドアウトドアディスカバリーセンターミュージアムをチェックしました。

「私たちは子供博物館と科学センターが交差しているため、すべてがインタラクティブですが、子供たちが遊びを通して学ぶこともできるように設計されています」と、ディスカバリーセンターのマーケティングディレクターであるアンマリーウォーカーは述べています。

彼らはすべての年齢と心の子供たちのために300以上のSTEM関連の展示をしています!

これは、イリノイ州中北部/中部では期待できないことです。鯉やその他の野生生物が生息する世界クラスの日本庭園です。

「1970年代半ばに、私の両親がこの物件を購入しました」と、アンダーソン日本庭園の創設家族であるデビッドアンダーソンは言いました。 「それで、庭は5エーカーの総面積を持つプライベート裏庭として始まりました、今私たちは12エーカー以上です//彼らは滝、流れ落ちる滝、曲がりくねった小川、私たちのゲストハウス、本物の日本の大工仕事、本物の日本人を見るでしょう建築//そうあるべきです植物はこの温帯用なので、日本で使用しているものと同じ植物をすべて使用するわけではありません。イロハモミジがあり、イロハモミジの種類が異なり、松の種類も異なります。 、モミジもあるので、少なくとも百種類の植物があります。」

落ち着きと静けさからウォータースポーツまで! 冒険好きな方は、すべてのレベルのライダーにケーブルシステムを使用して、ウェストロックウェイクパークでサーフィンを試すことができます。

私は物事を少し遅くしているので、ロックタウンアドベンチャーでカヤックをすることにしました。 簡単な復習レッスンと私たちは私たちの道を進んでいます! 川全体を自分のものにしたいなら、平日に来てください! 心のない、リラックスしたさわやかな体験! 優秀な!

最後に立ち寄ったのは、26の建物がある、140エーカーの生活史博物館であるミッドウェイビレッジ博物館でした。その多くはオリジナルで、1840年代にさかのぼる最も古いものです。

「私たちは19世紀後半から20世紀初頭の生活について、実用的なこと、食べ物を保存する方法、涼しさを保つ方法、アイスボックスとは何か、仕事をした場所、喪の重要性について話していました」と述べています。ミッドウェイビレッジミュージアムの歴史翻訳者、ロビンマクドナルド。

私たちは1882年からミッドウェイコミュニティバンクをチェックしました。そこで彼らは自国通貨を印刷しました! 雑貨店には豊富な品揃えと50セントシアーズのカタログがありました! 私は1902年の1部屋の校舎で自分自身に対処するように訓練され、前世紀の家に驚嘆しました。1890年代には、すべての近代的な設備が整っていました。

ロックフォードについてあなたが知らないかもしれない他のこと-コミュニティの初期には、ガリーナとシカゴの中間にあったため、「ミッドウェイ」として知られていました。 リバーロックのため、ロックフォードに変更されました。

そしてロックフォードはソックスモンキーの発祥の地です! 多くの工場が第一次世界大戦中に兵士のために茶色の靴下を作りました-大恐慌の間、質素な母親は人形を作るために靴下を使いました-そして残りは歴史です!

Copyright©2021WLS-TV。 全著作権所有。

READ  日本は海外の放射性プラント設備の処分を検討している