Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

10年 – アンバサダー

引火点

緊張が高まっており、日本は革新的でなければなりません。

日本政府が尖閣諸島(具体的には、うつり島、南小島、北小島)を前の所有者から購入してから、9 月 11 日で 10 周年を迎えます。

2012年の国有化以前は中国公船が周辺海域で活動していたが、近年、中国海警局の船舶が尖閣周辺の領海に侵入し、連続帯を通過して接近している。 日本の漁船。

2021 年に、CCG 船は合計 332 日間連続してゾーンを通過しました。 2020年は333日ぶり2位。 今年、8 月 19 日の時点で、CCG 船は 220 日で接続水域に入り、新記録を達成しました。

一方、CCG 船が尖閣諸島周辺の領海内で日本の漁船に接近して追跡した回数は、2020 年の 8 回から 2021 年には 18 回に増加しました。

日本は尖閣諸島周辺の領海に侵入する CCG 船に対し、国連の理由で CCG 船の撤退を要求することで対応している。 海洋法条約 (UNCLOS)。

この記事を楽しんだ? フルアクセスを購読するには、ここをクリックしてください。 月額わずか5ドル。

ある時点で、CCG の乗組員がいずれかの島に上陸する可能性が非常に高くなります。 また、日本の漁船に接近する CCG 船の数が増加するにつれて、CCG の乗組員は、日本の漁船に対して中国の法律や規制を強制しようとする可能性があります (たとえば、日本の漁船の現場検査や押収など)。 尖閣諸島周辺海域での日本の漁船の操業は正当な権利であるが、中国は中国の法律や規制を施行する実績を築こうとする可能性があることに留意すべきである。 日本は、これに適切かつ効率的に対処する準備をしなければなりません。

尖閣諸島(中国では釣魚島として知られる)の領有権を巡って日中は意見が分かれており、和解は容易ではない。 日本政府は、島嶼の領土主権をめぐる国際紛争の存在を認めていません。 紛争が紛争に発展しないようにしながら、日本と中国の見解の相違を管理し、外交ルートを通じて周辺海域での紛争を徐々に緩和していくことが重要である。

近年、CCG の船は大型化し、武装も強化されています。 人民解放軍海軍所属の艦艇も CCG 艦艇に改造されている。 海上保安庁の発表によると、2020 年 12 月末時点で 1,000 トン級(満載排水量)を超える大型 CCG 船は 131 隻で、10 年前の 3 倍に達しています。 これは、1,000トン級(総トン数)以上の海上保安庁巡視船の2倍に相当します。

海上保安庁は、大型の新しい巡視船を建造することにより、独自の沿岸防衛システムを強化しています。 しかし、日本はより大型の巡視船を建造する点で中国に太刀打ちできなかった。 これらの船を建造し、乗組員を訓練するには、時間と費用がかかります。 船が建造されると、信頼できる修理と乗組員の保護の問題があります。

尖閣諸島周辺の現状はいつまで続くのでしょうか? それは明らかではありません。 しかし、緊張がさらに10年か20年続く可能性があることを受け入れると、日本は沿岸警備隊システムを強化するための革新的なアプローチを模索しなければならなくなります.

鶴田潤は明治学院大学法学部准教授。

READ  日本の新首相は選挙に関して支配を楽しんでいます