Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

10進法は2000年前に日本で使用されていました

福岡県和香発発調査時代(紀元前1000年〜西暦250年)の発掘調査によると、日本の先史時代の人々は、10進法で高度な計量と測定を行っていました。

研究者たちは、スクグループと呼ばれる遺跡でいわゆるダブルウェイトを発掘しました。スクグループは、以前にいくつかの測定ウェイトが見つかった、参照単位の10倍の質量を持つ11グラムの遺跡の1つを収集しました。教育は言った。

理事会当局者は9月1日、日本で最初に発見された遺物は、養代井文化への貴重な洞察を提供すると述べた。

円筒形の石の重さは116.3グラムです。

1989年にスク岡本遺跡から発見された遺物は、福岡大学教授の高須淳一氏をはじめとする研究者によって最近再調査されました。

この材料は体重計で使用できると彼は言った。

考古学者は、単位質量の30倍の三角形の重さを持つ別の人工物を発掘しました。

昨年のスクサイトで見つかった遺物から、1、3、6、20、30倍の基準単位質量が確認されました。

韓国の遺跡の重さは約11グラムのブロンズでほぼ同じです。

スクサイトグループは、3世紀の中国の歴史書の一部として「WeijiWorenchuan」で言及されている、初期の日本のナオ州の重要な部分を形成したと考えられています。

ダブルウェイトが発見された場所の近くにブロンズの工房があったと考えられています。 研究者たちは、合金に使用されている銅と鉛の重さを量るのに重りが使われたのではないかと推測しました。

「この最新の発見は、間違いなく、ここの地域が弥生土器文化時代の一種の「テクノポリス」である先進地帯であり、弥生人が十進法を使用していることを示しています」とタグは言いました。

デュアルウェイトディスプレイは、他のウェイトのコレクションとともに、8月下旬からカズカのナコグノオカ(State-n-Na Mountain)歴史博物館での特別展の一部でした。 しかし、福岡県で政府-19の緊急事態が宣言されたため、博物館は閉鎖されました。

これに照らして、9月1日、博物館はウェブサイトにウェイトの画像を表示し始めました。 日本語で最終選考に残ったオンライン展示会は、9月26日まで開催されます。

READ  オリンピックシンクロナイズドスイミング-シンクロナイズドリーダーになると、日本はブロンズを保持するために戦った