Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

100周年を祝う:懐かしさのある毎日との時間を振り返る





「月曜日の芸術」の最初の広告は、1982年12月13日版の毎日新聞に掲載されました。 (写真提供:Roger Bolvers)

ロジャー・ボルバーズ

彼女は1982年12月から1986年7月まで毎日デイリーニュース(MDN、現在は毎日)の文芸編集者として働き、月曜日の芸術ページを作成しました。 目標は、現代日本の芸術の膨大な多様性と深さに読者の注意を引くことでした。 私はアーティストに記事やクリエイティブな作品を依頼して翻訳しました。多くの場合、ページに翻訳を入れてオリジナルの日本語の台本を実行しています。

添付のページに写真が掲載されているのは、小説家・劇作家の井上ひさし、衣装デザイナーの山本寛斎、詩人の田村隆一など、今は亡くなっている人たちです。 村上春樹、坂本龍一、野田英樹など、名声が年々高まっているものに加えて。

本、演劇、展示会、映画のレビューが定期的に掲載されています。 映画評論は大島渚監督によって書かれました。

MDNとの関係は、幸運にもMainichiNewspapersCo.が主催する国際エッセイコンペティションの優勝者の1人になった1972年に始まりました。 その後、1982年末にスタッフに加わるまで、MDNと毎日新聞の両方で時折執筆を始めました。この論文の編集者兼メンターは、後に記者になった優秀で賢明な小西昭之でした。ワシントンの毎日新聞。

毎日を誇りと懐かしさで振り返ります。

(ロジャー・ボルバーズは77歳の国際的な作家兼監督です。)

※1922年4月12日にオープンした毎日レストラン100周年を記念して、毎日の好きなところや今後の期待について、読者の皆様にメッセージをお願いしています。 詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

https://mainichi.jp/english/articles/20220322/p2a/00m/0na/010000c

READ  それは墓石ではありません:倫理、考古学、そして偶発的な略奪のクェゼリン文化| 記事-商品