Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

10,000冊の本を備えたライブラリーとジム、レストランを備えた西日本の新しいスタイルのスパ施設

10,000冊の本を備えたライブラリーとジム、レストランを備えた西日本の新しいスタイルのスパ施設

兵庫県三田市 – この西日本の都市の新しいスタイルのスパ施設は、レストラン、ジム、キャンプ スペース、約 10,000 冊の本と創造的な読書スペースを提供する図書館も提供して、訪問者を引き付けるためにさらに一歩進んでいます。

スパ「寿の湯」は、新興住宅地にある貸切風呂を抜本的にリニューアルし、2020年2月にオープンし、独自のサービスが注目されています。 「長寿の湯」という名前は、1950年代半ばから1970年代半ばにかけてJR三田駅前にあった公衆浴場に由来しています。 運営会社の現代表、高橋いづみさんの祖母が経営していました。

7種類のお風呂やサウナ、岩盤浴を備えた他にはない温浴施設で、レストランやジムなども併設されており、一日の大半を過ごすことができます。 2021年12月にグランピング施設を増設 – アメニティやアメニティが充実した「魔法の」キャンプ。

ライトアップされたツリーとその周りの本棚=兵庫県三田市寿の湯リゾート内の図書室で2023年1月6日、土井一浩撮影

図書室では、かつての浴槽に淡い桜のような木が置かれ、その周りには天井とほぼ同じ高さの本棚がそびえ立っています。 本は、東京の六本木地区に拠点を置く文吉によって選ばれました。 新しい本、絵本、雑誌は定期的に入れ替わります。

図書館の魅力は、壁にある六角形の「ハニカム」穴で、来館者は横になったり、快適な姿勢で読書を楽しむことができます。 薄暗い「ソリチュード」ブースでは、好きな本を持ち込んで読書を楽しむことができます。 ブースでは勉強したり、レポートを書いたりしている人がいるようです。

兵庫県姫路市の有田誠さん(31)が誕生日に妻と訪れた。 「ここに来るのは3回目だ」と彼は言った。 「コレクションはさまざまなジャンルをカバーしており、自己啓発に関する本からインスピレーションを得ています。ここに来るときは、少なくとも 5、6 時間はここに滞在します。」

川端雄一監督は「日々の疲れを癒してリフレッシュしていただければと思います。

図書室と岩盤浴の入館料は平日大人850円で、入浴料とは別料金。 開館時間は午前10時~午後11時(図書館は午後10時まで)で、休館日は第3水曜日です。 お問い合わせは寿の湯(412664)まで。 同社のウェブサイトは https://kotobuki-yu.com (日本語で)。

【土井一宏】 マイニュース

READ  アヴィ・ローブ氏は、隕石の分析により、それが太陽系外で発生したことが示されたと述べた