Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

107歳の日本の姉妹は世界最古の双子として確認されています

うめの住山、久米児玉(日本)として確認 生きている双子(女性)のみ この 最古のシングルツイン(メス) 2021年9月1日現在107年300日。

ケアホームのスタッフから、うめのと久米に別々の場所にある現在の居住証明書が発行されました。

うめのと久米は1913年11月5日、日本のカカオ県の轟焦凍島で13人の大家族に生まれました。

家族によると、双子は社交的で前向きで、物事を気にしません。 どうやら、うめのは非常に強い意志を持っていますが、久米は非常に優しいです。

彼らの育成はテレビドラマのようだった、と双子は思い出した。 双子であることは、いじめが彼らの子供時代の最も困難な経験の1つであった時代でした。

双子は幼い頃から離れて暮らし始めました。 双子が小学校を卒業したとき、コミーは彼の叔父を助けるために島を去りました。

うめのは松濤島に住む人と結婚し、ゴメスは島の外の人と結婚しました。

コミー(左)とうめの(右)

双子は2つの世界大戦を経験しました。 第二次世界大戦の終わりに、梅野はその後ろの丘に封鎖が建てられたために家を出なければならず、戦争はすぐに終わった。

双子は300km離れていたため、主に結婚式や葬式でお互いに会い、追いつくことができませんでした。 しかし、70歳に達すると、仏教の巡礼のために一緒に旅行することがよくありました。

うめのとゴメスが年をとるにつれて、二人は以前の記録保持者だけでなく、成田金とカニジンが年をとることについてからかった 一卵性双生児、しかし、日本の一般的な名前。

彼らが99歳の誕生日(日本の習慣)を祝ったとき、梅野は秦とジンの写真を見て、「私たちは若いと思います!」と言いました。

ゴメス(左)とうめの(右)が99歳の誕生日を祝う

デュオは記録保持者をからかったが、彼らはキンとジンが記録を破ることを本当に期待していなかったと言って、彼らがそうしたときショックを受けた!

うめのと久米は現在、別の介護施設に住んでいます。

Covid-19のせいで、ギネス世界記録の双子は直接会って公式の証明書を提示することができず、代わりに姉妹に送られました。

介護施設のスタッフによると、うめのは証明書を見て涙を流したそうです。

うめの(左)と久米(右)の正式な資格

記憶が以前と同じではないコミーは、残念ながら、認証を取得することの重要性を完全には理解していません。

しかし、彼の家族は、クームの業績が公式に認められたことを喜んでおり、クームは長年にわたってギネス世界記録について頻繁に話していました。

日本ではいくつかのスーパーセンテナリアンの記録が達成されています。

  • NS 生きている老人 -田中カ子、118歳。
  • NS いつも最年長の男 -木村次郎右衛門、1897年4月19日生まれ、2013年6月12日116歳54日で亡くなりました。

READ  日本の市はCOVID-19ワクチンに津波のレッスンを使用しています