Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

11月の日本の基幹機械受注は予想以上に減少した

11月の日本の基幹機械受注は予想以上に減少した

木曜日のデータによると、11月の日本の基幹機械受注は予想以上に減少し、国内および世界経済の見通しに対する不確実性が浮き彫りになった。

内閣府のデータによると、コア受注は今後6~9カ月の設備投資の先行指標とされる非常に変動の激しいデータで、11月は前月比4.9%減少した。 これはロイター調査でエコノミストが予想した0.8%のマイナス幅に比べてだ。

データによると、海運と電力会社からの変動の大きい数値を除いたコア受注は、予想の0.2%増に対し、前年比5.0%減となった。

設備投資は日本経済の主な推進力の 1 つであり、景況感の先行指標です。

内閣府関係者は、政府は機械の受注が13カ月連続で「停止」しているとの見解を維持していると述べた。

同当局者によると、11月の製造業受注は部門別で前月比7.8%減となり、汎用生産機械の受注減少が響いたという。 10月に0.2%の上昇を記録した後の上昇となった。

大和証券のエコノミスト、鈴木宏太氏は、製造業の多くは新規設備投資に慎重なようで、非製造業も需要低迷を背景に景気減速のリスクに直面する可能性があると指摘した。

同当局者は、サービス部門の受注は金融・保険業からの受注減少により、前月の1.2%増から0.4%減少したと述べた。

水曜日のロイター短観世論調査では、日本の大手製造業の景況感は1月に4カ月ぶりに低下し、引き続き弱い見通しであることが示され、中国などからの需要低迷への懸念が浮き彫りとなった。

READ  ホンダはF1日本グランプリのメインスポンサーになります