Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

11月の日本のCPIインフレ率は予想通り低下した。 日銀の初期のセントラルピボットにInvesting.comが疑問を呈

11月の日本のCPIインフレ率は予想通り低下した。 日銀の初期のセントラルピボットにInvesting.comが疑問を呈

©ロイター。

Investing.com — 日銀が超緩和政策の引き締めを開始する時期にさらなる疑問が生じたため、食品価格の下落を背景に11月の日本のコアCPIインフレ率は予想通り低下した。

統計局が金曜に発表したデータによると、変動の激しい生鮮食品価格を除いた指数は前年比2.5%上昇した。 この数字はアナリストの予想と一致し、前月の2.9%から鈍化した。

前年比も2022年8月以来の低いペースとなったが、前月比のコアインフレ率の伸び率は横ばいとなった。

コアインフレ率は日銀の年間目標である2%を依然として大きく上回っているが、インフレの安定が日銀が早期に政策引き締めを促すかどうかは、日銀が2023年の前回会合で提示した後も依然として不透明だ。

日銀が注意深く監視している生鮮食料品と燃料価格を除いたコア指数は前年同月比3.8%と前月の4%から鈍化し、コアインフレ率も低下していることを示唆している。

11月の前年同月比は2.8%増と、前月の3.3%増から鈍化した。 食料とエネルギー価格の毎月の下落が、弱いインフレ指標の主な要因でした。

世界市場からの逆風の影響でここ数カ月間、消費者や設備投資が減速しており、日本経済が若干減速する中でのインフレ統計となった。

今週初めのデータでは、主に中国の景気減速の影響を受けて日本経済が3カ月ぶりに縮小し、日本も引き続き縮小したことが示された。

日本経済は第3・四半期に上昇し、日銀が短期的に政策を緩和する勢いが強まった。 中央銀行は最終的に2024年に超ハト派姿勢から脱却すると予想されているが、日銀当局者らはこの問題に関して依然としてタカ派姿勢を維持しており、この転換のタイミングは依然として非常に不確実である。

日本銀行は最近、日本のインフレ率は短期的には若干低下傾向にあるものの、2024年度は横ばいで推移し、今年の年間目標2%を上回る傾向にあるとの見通しを示した。

同中銀はまた、極めて慎重な政策の終了を検討する前に、インフレ率が2%の水準に達したさらなる兆候を探ろうとしていると強調した。

彼と同様に金曜日の読書にはほとんど反応がなかった。

READ  コラム:英国経済とその先の暗い冬に備える