Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

11月8日出張、学生、研修生の入国禁止解除

政府は11月5日に、ビジネスマン、学生、技術研修生の緩和された入国制限を正式に承認しましたが、観光客の制限は引き続き適用されます。

手順は11月8日に有効になります。 予防接種証明書を持って日本に入国する人は、はるかに短い期間で自己検疫が許可されます。 しかし、訪問者を後援している企業や組織は、より短い検疫期間を超えて彼らの行動を考慮する義務があります。

さまざまな種類の新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐために、1月から入国制限が設けられています。

最長3ヶ月の短期間で日本に入国する起業家、およびはるかに長い期間日本で働くために移動する起業家が対象となります。

検疫期間は通常14日間ですが、ワクチン接種を受けた人は3日間だけ自己隔離する必要があり、会社はさらに7日間活動を監視します。

これらの措置は、海外出張から帰国する日本人従業員にも適用されます。

コロナウイルスの異なる株に感染するリスクがまだあると考えられている国は、緩和策に含まれません。

ワクチン接種を受けた技術系学生と研修生の検疫期間も14日から10日に短縮されます。

規制の緩和は、経済活動を後押しすることを目的としています。

入国管理局によると、日本への入国を許可されたが許可されなかった学生と技術研修生は約37万人いる。

当局はまた、政府は、より多くの学生と研修生が入ることができるように、到着の1日あたりの割り当てを3,500から5,000に増やすことを検討していると述べた。

事業を外国人労働者に依存している事業部門は、この決定を歓迎した。

長野県中部にある3つの小さな店のオーナーである44歳の彼は、彼が雇用している13人の労働者のうち4人はネパール、ベトナムなどからの学生であると言いました。

彼は今月からより多くの留学生を受け入れるために指を交差させ続けています。 COVID-19の緊急事態を解除すると、多くのバーやレストランがより多くの労働者を雇うようになり、利用可能な労働者の不足が悪化する可能性があります。

日本中の多くの農場は、訓練を受けた技術実習生に頼り続けているので、オペレーターは一般的に最新の決定に満足していました。

群馬県のほうれん草農家は、春に来る予定だったベトナムからの見習い2人の到着を今も待っています。

ほうれん草は収穫から野菜の包装まで手作業で行われる労働集約型の農業であるため、2人の労働者を失うことは年収約1,000万円(88,000ドル)を失うことを意味すると農民は説明した。

最近の承認にもかかわらず、茨城県の農業協同組合の関係者は、メンバーの農民が研修生が実際に予定通りに到着するかどうかについて懸念を表明したと述べた。

「日本が入国制限を緩和したとしても、研修生が出国する国には独自の制限があるかもしれない」と当局者は述べた。

READ  搭乗中のワーカホリック:日本の急行列車がリモートワークカーをデビュー