Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

147位に恥ずかしい日本は、より多くの女性を政治に挑発している

TOKYO-156カ国で147。 日本は女性の政治的エンパワーメントを表しています。 ランキングが低かったため、政党の境界内の議員は、政治における女性の代表を増やすための数値目標を模索するようになりました。

内閣官房長官のガド勝信氏は水曜日、「努力をさらに加速させる必要がある」と述べた。 「私たちは、すべての党の協力を得て女性に力を与えることを信じています。」

与党自民党の政策研究リーダーである下村博文も行動を呼びかけた。 下村氏は、党は2030年までに次の総選挙で女性候補者の割合を30%に増やすことを約束するべきだと述べた。

火曜日に発表された世界経済フォーラムの最新の世界男女格差指数によると、日本は女性の政治的エンパワーメントで147位であり、サウジアラビアに9位遅れており、138位です。 日本は全体で120位であり、他の7か国のグループに大きく後れを取っています。

現在、女性は議会のLDF議会の10%を占めています。 自民党指導部の一部は、党を支持することで党が議席を獲得し、変化に抵抗する可能性が高くなると信じているため、数を増やすことは困難です。

「ある種の目標を制度化しなければ、女性を増やすことは難しいだろう」と下村氏は語った。

「私たちの有権者の半分は女性ですが、議会にいる女性は少ないです」と稲田朋美前国防相はナイキに語った。 「私たちは国民を代表していません。それは民主主義の問題です。」

自民党の連立与党であるコミトの政策研究責任者である出口悠鶴氏は、「この状況にはある程度の責任があると感じており、議会での女性の割合を増やすよう努める」と述べた。

野党議員は、より拘束力のある目標を求めた。 立憲民主党の藤本恭美副大統領は、「各党の女性議員の割当のようなものを提案する」と述べた。

「これは日本政府と政党の責任です」と日本共産党の小池晃は言いました。 「私は、政策立案における女性の割合を増やすための真の努力を期待しています。」

状況を是正するために党に手を差し伸べる方法もあります。 女性の政治参加の拡大に専念する無党派の議員連合は、女性の就任を増やすのに役立つ新しい法律を検討します。つまり、各党は国政選挙で特定の数の女性候補者をターゲットにする必要があります。

2018年に可決された法律では、政党は「男女平等の推進に自発的に取り組む」べきであり、公職の男性と女性の候補者の数を目標としています。 連合は言語を更新しようとしているので、当事者はそのような数値目標を設定することが明示的に要求されます。

今月国会が発表した報告書によると、1月の時点で、女性は日本の議会の議会の9.9%を占め、世界で166位にランクされています。 この数字は、世界平均の25.5%、フランスなどの他のG7諸国で39.5%、イタリアで35.7%、英国で33.9%よりも高くなっています。

READ  驚くべき動きで、日本は非常事態宣言にさらに3つの州を追加しました