Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

15人のフランス人ボランティアが40日後に日光や時間なしで洞窟を去ります| フランス

南西部の洞窟から15人が現れた フランス 地下40日間の実験の後、時計、日光、外部との通信がないことが時間感覚にどのように影響するかを確認しました。

彼らは淡い顔に大きな笑顔を浮かべて、ロンブリーブス洞窟に自発的に孤立したまま拍手喝采を送り、暗闇の中で長い間目を保護するために特別な眼鏡をかけながら光の中に横たわった。

実験に参加した7人の女性の1人であるマリーナランコンは、「それは一時停止を押すようなものでした」と述べました。 急いで何もしなかったので、洞窟に数日滞在したいのですが、風を感じてまた鳥のさえずりを聞いて幸せでした。

ランコン氏は、「非常に残忍な」現実の生活への復帰を避けたいと考えて、スマートフォンをあと数日見る予定はないと述べた。

洞窟の中のチームメンバー。 写真:AP

グループは、と呼ばれるプロジェクトの一環として洞窟に住み、探検しました 深い時間。 自然光はなく、気温は10°C、相対湿度は100%でした。 彼らは外の世界との接触も、流行に関する最新情報も、友人や家族との接触もありませんでした。

120万ユーロ(86万ポンド)のプロジェクトを主導している人間適応研究所の科学者たちは、この実験は人々が生活条件や環境の劇的な変化にどのように適応するかをよりよく理解するのに役立つと述べています。

予想通り、洞窟の人々は時間の感覚を失いました。

「私たちはここにいます!」とプロジェクトマネージャーのクリスチャン・クロットは言いました。「私たちは40日後に去りました…私たちにとってそれは本当に驚きでした。」私たちの頭の中で、私たちは30日前に洞窟に入っていました。

チームメンバーが集まり、経験について話し合います
チームメンバーは彼らの経験について話し合うために集まります。 写真:ブルーノマゾディエ/ AP

あるチームメンバーは、地下時間を23日と推定しました。

数学の教師でセーリングのインストラクターであるヨハン・フランソワは、洞窟の中で10,000メートルのサーキットを走り、体調を整えました。 彼は時々彼が去る「深い動機」を持っていたと言った。

毎日の義務も子供もいないので、課題は「1時間以内、2時間以内に何が起こるかを考えずに現在の瞬間を利用すること」だと彼は言いました。

科学者たちは、フランスとスイスの研究所と協力して、チームの15人のメンバーの睡眠パターン、社会的相互作用、行動反応をセンサーを介して監視しました。 センサーの1つは、参加者が錠剤のように飲み込んだカプセル内の小さな温度計でした。 彼は体温を測定し、データをコンピューターに転送して、自然に排出されるようにしました。

チームメンバーは、自分の体内時計を追跡して、目覚め、睡眠、食事をするタイミングを確認しました。 彼らは日数を時間ではなく睡眠サイクルで数えました。

「このグループがそれ自体とどのように一致するかを見るのは本当にエキサイティングです」とクルートは洞窟の中からのレコーディングで以前に言いました。 彼は、会議の時間を設定することができずにプロジェクトに一緒に取り組み、タスクを整理することは特に困難であると述べました。

調査に携わった時間生物学者のブノワ・ムボー氏は、回答者の3分の2が、滞在中に開始したグループプロジェクトを完了するためにもう少し地下に留まりたいと述べた。

「この惑星の人間としての私たちの未来は進化するだろう」とクルートは彼の出現の後に言った。 「どのような状況であっても、脳が新しい解決策を見つける方法をよりよく理解することを学ぶ必要があります。」

READ  インドでCOVIDの危機が深刻化する中、デリー病院は酸素供給に関するSOS警告を発します。 コロナウイルス