Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

18 歳以下男子ソフトボールワールドカップ 1 日目: カナダ、日本、オーストラリア、メキシコが開幕戦に勝利。 アメリカ、ベネズエラ戦で見事な逆転勝利 – 世界野球ソフトボール連盟

18 歳以下男子ソフトボールワールドカップ 1 日目: カナダ、日本、オーストラリア、メキシコが開幕戦に勝利。 アメリカ、ベネズエラ戦で見事な逆転勝利 – 世界野球ソフトボール連盟

WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップ 2023 ムンディアリスタは本日メキシコのエルモシヨで開幕し、エルモシヨエンセ・スタジアムとフェルナンド・オルティス・スタジアムで5試合を行う。 カナダはムンダリスタ・エルモシロエンセ・スタジアムでチェコに5対2で勝利した。 ハイスコ​​アの試合で、日本はニュージーランドに10-5で勝利し、世界タイトル防衛のスタートを切った。 アメリカはベネズエラを抑えて首位に立ち、オーストラリアはシンガポールに4イニング勝利を収めた。 メキシコは4イニング勝利でその日を終えた。

レーザー、光、格闘パフォーマンスによる壮大な開会式の後、メキシコ代表のWBSC U-18男子ソフトボールワールドカップ初出場を祝って、1,000人以上のファンがフェルナンド・オルティススタンドを埋め尽くした。

この日の決定的な瞬間は、米国の中堅手ローガン・ブームが提供したもので、6回に3点本塁打を放ち、チームを7対5でベネズエラに先勝させた。 また、ブームはアメリカ代表のリードオフポジションから3ランを記録し、最優秀選手に選ばれた。

WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップの全試合が生中継されます ゲームの時間, WBSCのオンラインストリーミングサービス。 トーナメント パスとデイリー パスは、WBSC U-18 男子ソフトボール ワールド カップを試合時間に観戦するためのオプションの一部です。

コロンビア vs メキシコ

メキシコはフェルナンド・オルティスのスタンドに詰めかけた1000人のファンの前でコロンビアを4回コールドで10対0で破った。 彼らのピッチャー、デレク・アンセノは、最小限の相手と対戦しながら、ノーヒットノーランを投げ、9つの三振を奪った。 この試合に出場した他のコロンビア人走者はラファエル・バーバルだけで、彼は2回に死球を受けたが、その後二塁盗塁を捕らえた。

攻撃面では、ゲイル・ロハスが3回のモンスターホームランを含む5打点を記録した。 彼はその夜を2対2で終えた。 ローマン・ロペスも複数安打を放ったもう一人のメキシコ人選手で、3打数2安打3打点を記録した。

4塁 – メキシコの別の 4 点ラリーにより、試合は 10 対 0 で終了しました。 ゲイル・ロハスが左翼席へ二塁打を打った。 ロハスは5打点を挙げて試合を終えた。

4オーバー – メキシコの投手デレク・アンチェノは、これまでのところ圧倒的な投球を見せている。 4イニングを投げて最低限の9奪三振に臨んだ。 ラファエル・バーバルはコロンビア人の打者で出塁した唯一の死球を受けた。 しかし、二塁盗塁を試みて送球された。

三塁 – メキシコが4得点で爆発し、快適なリードを奪った。 コロンビアの一塁手フリオ・ロサリオの守備ミスでメキシコが3点目を許し、イニングを延長し、ゲイル・ロハスからの3ラン本塁打の扉を開いた。 メキシコは3回終了時点で6-0とリードしていた。

下から2番目 – セペダがメキシコで再び得点。 2死からセペダが二塁にすると、コロンビアの先発ルイス・エナモラドが3者連続の四球を出して1点を許した。 デビッド・ディアスが中堅の警告線に深く飛び込み、イニングを終わらせた。 彼はグランドスラムまであと数メートルだった。

1番下 – マヌエル・セペダが試合の最初の得点を決めた。 走者一、二塁でクリスチャン・デル・ヴァッレが遊撃ゴロに倒れたが、二塁手のヨベル・カンテロが一塁で併殺を完成させようとした送球ミスでセペダが二塁打を許した。

2023 WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップ - 第 5 戦 - COL vs MEX

オーストラリア vs シンガポール

オーストラリアは本日、ワールドカップ第4節でフェルナンド・オルティス・スタジアムでシンガポールに14-0で勝利し、開幕戦を迎えた。 2回の6点を含め、オーストラリア軍。 4試合で少なくとも1得点を記録した。 カイラン・ピアースとエイデン・チャンプニスがオーストラリアのイニングをリードした。

ピアースはリードオフから4打数3安打で4得点、2打点を記録し、チャンプニスは3打数2安打で1打点、2打点を記録した。

ジョエル・バーンは3回を1安打投球で7奪三振、ルーク・ラッセルは最終イニングを投げ、2三振に対して2四球を許した。

4オーバー – エイダン・チャンプニスが高めの長い打球を放ち、左翼手のコウジ・ンが負けた。 ボールは壁に当たり、オーストラリアの一塁手が塁を回って園内ホームランを打った。 オーストラリアは守備ミスと野手選択でさらに2点を加えた。 グリーンとゴールドは14-0。

3オーバー – オーストラリアはラクラン・ハートのサックフライ、暴投、イリーガルピッチでさらに3点を追加。 オセアニアが10-0でリードした。

2トップ – オーストラリアは11人の打者を打席に送り、4安打と2四球で6得点を記録した。 オーストラリアが7-0でリード。

1stオーバー – カイラン・ピアースが内野安打で到達し、二塁を盗み、ティモシー・グリーソンからの左翼への飛球で三塁に進塁した。 その後、ピアースが暴投で試合初得点を記録した。 オーストラリアが1-0でリード。

2023 WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップ - 第 4 戦 - AUS vs SGP
READ  日本の研究者は、ウクライナの被害を明らかにするために衛星画像を使用してオンラインマップを作成します

ベネズエラ vs アメリカ

ベネズエラ戦の終盤のラリーでアメリカが初勝利を収めた。 8-5。 5回と6回に2本塁打を放ち、グループBの前回パンアメリカン王者が重要な勝利を収めた。

ベネズエラは試合開始から4イニングごとに1得点を挙げ、4イニングを終えた時点で4-1とリードした。 しかし、5回にはブレナン・デュシャルム率いるノーダウトUSAが反撃を開始した。

6回裏、ローガン・ブームの打席から3ランが飛び出し、5点のラリーの高音となり、アメリカに確実なリードをもたらした。

カーゾン・マーティンが0.2回1安打1失点で勝利を挙げた。 ベネズエラの試合に敗れたのは、先発出場して5.1イニングを投げ、6安打6失点6四球を許したカルロス・ピントだった。 川が氾濫したとき。

6番塁 – アメリカはローガン・ブームの3ラン本塁打を筆頭に5点の反動を見せ、この試合最初のリードを奪う。 アメリカが8対5でリード。

6以上 – ラファエル・ボニージャが二死から右翼へ三塁打を放ち、暴投で得点した。 開幕投手のカルロス・ピントが保険金を獲得。 試合は5対3で南米チームの勝利だった。

5番塁 – ブレナン・デュシャルムが中堅フェンスを越えるホームランを放ち、1点限りの球技となる。 これは2023年WBSC-18男子ソフトボールワールドカップでの初本塁打となった。 ベネズエラは依然として4対3でリードしている。

3回裏 – チームは 3 回に失点を交換します。 ベネズエラはセバスティアン・ハッセルが得点し、アメリカはローガン・ブームが守備のミスから得点した。 試合はベネズエラが3-1で勝利した。

2トップ – ジェファーソン・コルメナレスがエラーで先制した。 さらに二塁を盗み、またエラーで三塁に進塁した。 最後に、フアン・カルロス・ペレイラのシングルがベネズエラに2点目をもたらした。

1stオーバー – ベネズエラはホセ・モラレスの打点で先制し、先頭打者フアン・カルロス・ペレイラが打点を挙げて試合を開始した。

2023 WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップ - 第 3 戦 VEN 対 アメリカ

ニュージーランド vs 日本

ハイスコ​​アの試合で日本は世界タイトル防衛に着手した 10-5 ワールドカップ第2戦のニュージーランド戦で勝利。 津田龍輝選手が2安打で3点を放ち、二塁手の松尾唯人選手も2塁打で日本一に大きく貢献した。

6回裏 – ニュージーランドは3四球、キアラン・ブロガーの打点二塁打、レノックス・イーストホープの単打で3点を打った。 しかし、日本は一回裏、暴投と犠飛で二死で応えた。 日本は10対5とリードして7回目を迎える。

5番塁 ・日本は4点で8-2とリードを広げた。 松尾唯人選手がニュージーランドの投手ハンター・シンプソン選手から右翼へのゴロを打ち、逆転二塁打を打った。 與戸川栄道選手のエラーと打点で、日本はさらに2点を奪いました。

4塁 ・日本は回裏に3点を挙げてリードを取り戻した。 ニュージーランドの3つの痛ましい守備ミスが日本に扉を開いた。

4オーバー – ニュージーランドがリード!! 打点のジョージ・マッキャロルとシャイロ・ライスがチームを2-1でリードした。

1番下 – 津田龍輝選手が右翼線へ二塁打を放ち、日本が1-0とリードします。

2023 WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップ - 第 2 戦 - NZL vs JPN
READ  8月のイラン訪問に対する日本の外相の目:出典

カナダ vs チェコ

カナダはムンディアリスタス・エルモシレンセス・スタジアムで初勝利を収めた。 5-2 大会初戦でチェコに勝利。 シャルル・ルクレールは3打数2安打、1打点、1打点の成績を収め、リリーフとして4.1イニングを投げて勝利を収めた。

2回と3回にブレーク・ブルバッハーとエイドリアン・グリーンが打点三塁打を放ち、カナダがチェコに対して早い段階でリードを奪い、その後は決して振り返らなかった。

ルクレールは4.1回を投げて3安打1失点1四球を許し、6奪三振を記録した。

チェコの敗因はマテイ・マカスで、7回10奪三振、6安打5失点だった。

7以上Th – カナダのシャルル・ルクレールは2回からリリーフとして出場し、ブルバッハーを投入してカナダのリードを5対2に広げた。

3回裏 – 両チームがランを交換します。 カナダは4回にエイドリアン・グリーンの三塁打で1点を加え、欧州王者は守備のミスを突いて打席を奪った。 スコアは4-2。

下から2番目 – オントレイ・セダがレフトへの得点シングルでチェッキアをスコアボードに載せた。 これがチェコの初勝利となった。

2トップ – カナダの3ランのラリーは、ブレイク・ブルバッカーの2打点三塁打によって際立った。 カナダが3-0でリード。

WBSC U-18男子ソフトボールワールドカップが開催中。 カナダ対チェコの第1戦でエルモシヨでの42試合スケジュールが幕を開ける。 プレイごとにフォローできます ここ

2023 WBSC U-18 男子ソフトボールワールドカップ - 第 1 戦 CAN v CZE