Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

186人の動物園の牧夫が野生のコウモリのために狂犬病を撃ったと言われました

オマハのヘンリードーリー動物園と水族館は、動物園の水族館の複合施設内で見つかった野生のコウモリが狂犬病の検査で陽性であったと述べ、動物園のキャンプ場に参加した186人に狂犬病への曝露の治療を求めるよう促しました。 動物園によると、7月4日、野生のコウモリが水族館に入る代わりに、水族館の建物のナイトキャンプに参加したゲストが目を覚まし、頭の近くで野生のコウモリに気づいたと報告しました。 傷やかみ傷は見られませんでした。 しかし、コウモリが捕獲される前に飛び去ったため、動物園の獣医は、狂犬病にさらされる危険性がある医師に電話するように女性にアドバイスしました。動物園は、ダグラス郡保健局に通知し、動物園チームは7匹の若い野生動物を見つけました。 水族館の中の茶色のコウモリ。 彼らは皆殺されました。 動物園によると、狂犬病の検査で陽性となった7人のうち1人だけが、ネブラスカ州の獣医とネブラスカ州保健局の両方から、7月2日と3日の夜に186人のゲストが水族館に滞在することを勧められました。 6月29日と30日として。 狂犬病の曝露後予防を受ける。 子供と大人、そして動物園のスタッフを含むすべての参加者に通知されました。 動物園では、キャンプイベントの払い戻しと、曝露後の狂犬病治療の支払いを行っています。 ヘンリードーリー動物園は、夜行性の監視や他の検査の努力により、複合施設内に他のコウモリは発見されておらず、長期的なコウモリの証拠はないと述べています。 ネブラスカでは小さな茶色のコウモリが一般的であり、野生のコウモリが狂犬病になることも珍しくありません。 ネブラスカヒューマネソサエティは、コウモリがあなたの家にいる場合の対処法についてこのアドバイスを提供しています。

オマハのヘンリードーリー動物園と水族館は、動物園の水族館の複合施設内で見つかった野生のコウモリが狂犬病の検査で陽性であったと述べ、動物園のキャンプ場に参加した186人に狂犬病への曝露の治療を求めるよう促しました。

動物園は、コウモリがそのグループの一部ではなく、水族館に入った野生のコウモリであることを示しました。

動物園によると、7月4日、水族館のナイトキャンプに参加したゲストが目を覚まし、頭の近くで野生のコウモリに気づいたと報告しました。 傷やかみ傷は見られませんでした。

しかし、コウモリが捕獲される前に飛び去ったため、動物園の獣医は、狂犬病にさらされる危険性がある医師に連絡するように女性にアドバイスしました。

動物園はダグラス郡保健局に通知したと言い、動物園のチームは水族館の中に7匹の小さな茶色のヌーのコウモリを特定しました。 彼らは皆殺されました。 狂犬病の検査で陽性となったのは7人のうち1人だけでした。

動物園によると、ネブラスカ州の獣医とネブラスカ州保健局は、7月2日と3日の夜、および6月29日と30日の夜に水族館に滞在する186人のゲストに狂犬病の曝露後予防を行うことを推奨しています。

子供と大人、そして動物園のスタッフを含むすべての参加者に通知されました。 動物園では、キャンプイベントの払い戻しと、曝露後の狂犬病治療の支払いを行っています。

ヘンリードーリー動物園は、夜行性の監視や他の検査の努力により、複合施設内に他のコウモリも、長期のコウモリの証拠も見つからなかったと言います。

ネブラスカでは小さな茶色のコウモリが一般的であり、野生のコウモリが狂犬病になることも珍しくありません。 ネブラスカ人道協会が発表 このアドバイス コウモリがあなたの家にいる場合の対処法について。

READ  日本は核廃水を無謀に投棄しているのですか?