Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1920年からの3分間の日本の延長訓練は現在数百万人によって行われています

東京:東京2020のオリンピック選手を削減することはありませんが、日本の公園、学校、オフィスの何百万人もの人々が、国内で最も人気のあるストレッチルーチンであるラジオ体操を毎日行っています。

通常は「1、2、3、4!」のピアノ音楽での3分間のエクササイズ。 日本語では、公共ラジオやテレビで1日数回放送されています。

バイラルロック中の世界的に人気のあるトレーニングビデオとポッドキャスト、日本のTysoの伝統はほぼ100年前にさかのぼります-アメリカ人は戦後の禁止を生き延びました、そして彼らはグループ活動が非常に軍国主義的であると考えました。

Radio Tysoの13のカーブ、リーチ、トルクの動きは、この夏の延期された東京オリンピックを厳格なアンチウイルスルールの下で開催する準備をしている国内のほぼすべての人に知られています。

「まず、腕を上げて体を伸ばします…次に、腕を回転させます」と古代のミュージシャンのプレゼンターは言います。

「今度はゆっくりと前に曲がり、リズミカルに3回ホッピングします。次に、後ろに曲がります。」

このイベントは1920年代に始まり、日本の政府系生命保険会社は、アメリカの保険会社が後援するアメリカのラジオのフィットネスプログラムに触発され、日本でのわかりやすい慣行を推進しました。

最初のTico-運動-プログラムは1928年に全国ラジオで放送されました。

それは人気のある夏休みの活動として国民の精神に組み込まれており、子供たちは早朝の延長セッションに参加するために競い合っています。

現在、政府によると、日本の約2700万人が週に2回、主にグループでラジオティソを行っています。

その中には、学童、建設労働者、企業の従業員が含まれます。その中には、流行の際に遠方の仕事に切り替えても伝統を引き継ぐ人もいます。

日本航空のシニアキャビンクルーメンバーであるひもり玲子は、コロナウイルスの前に年に一度チームメンバーと一緒に楽しみのために訓練を受けました。

しかし、12月以来、彼女と彼女の同僚はズームを拡大し続けています。

午後3時に、グループ(オフィスに着飾った人もいれば、家に入る人もいます)は、一斉に頭を拭き始めます。

「遠隔作業が増えるにつれ、孤独を感じる人もいました。ラジオのdysoを行うことで、少なくとも1日に1回は顔を合わせて見ることができました」と彼はAFPに語った。

健康な退職者が多い国では、高齢者にも非常に人気があります。

高齢者は、午後6時30分にその日の最初のラジオティソ放送のために公園や寺院に集まることがよくあります。

東京の宇野公園で毎朝約250人のグループを率いる渡辺光利氏は、最近、社会的に遠隔地でAFPに次のように語った。

「参加者の数は昨年から本当に増えました」と、白いスポーツウェアと手袋で輝いている79歳の人は言いました。 ほとんどが引退していますが、ワークロードが増えるにつれて若い人たちが加わります。

グループが2つの古典的なラジオディソプラクティス(1つは穏やかでもう1つは非常に活発)を経験すると、すぐに崩壊します。

ジュエリー事業を営む高橋ケニーさん(55)は、会談後、「誰が参加するか、お互いの健康状態をチェックしている…誰かが来ないときは、その人が正しいのだろうか」と語った。

彼と彼の妻、久子さん(52歳)は、グループが仕事に行く途中であることに気づき、今では雨でも晴れでも毎日出席しています。

「朝から体がきちんと伸びていて、関節がスムーズに動いています」と久子さん。

世界銀行によると、日本は世界で最も古い人口の1つであり、ワタンベイは、オリンピックの基準ではないにしても、ラジオをフィドルと同じくらい適合させることを推奨しています。

「来年は80歳になります。RadioTysoのおかげで健康です」と彼は語った。

READ  ヤフージャパンはソフトバンクに616億ドルの権利を支払う