Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1936年のオリンピックでは、日本が輝いていました。 200平泳ぎスタイルの対立

1936年のオリンピックで、日本は繁栄しました。 200平泳ぎスタイルの対立(ビデオ)

オリンピックの開催国では、強力なシナリオが見られるのが一般的です。 さまざまなスポーツ連盟は、本拠地での卓越性にかなりの重点を置いており、この目標は、アスリートのためのリソースの多額の投資によって動機付けられています。 それで、もし日本が来たる2020年にメダルテーブルを上げるなら 東京オリンピック 過去のゲームと比較して、これは驚くべきことではありません。

特に池で日本が何を生み出すことができるかを待つ間、私たちは日出ずる国のハイライトの1つを振り返ります。 20世紀前半、日本は水泳の大国でした。1936年のベルリンオリンピックでは、日本の男子水泳選手が金メダル3個、銀メダル2個、銅メダル5個を獲得しました。 その間、 マハトヒデコマ 彼女は女性の平泳ぎ200回のチャンピオンです。

平泳ぎ200人の男性、日本 葉室鐵夫 そして 小池理書 ドイツでそれぞれ金メダルと銅メダルを獲得 アーウィンシアタス 銀メダルを獲得しました。 ナチスの独裁者アドルフ・ヒトラーは、200の平泳ぎでスタイルが混在し、一部のアスリートは伝統的な平泳ぎを、他のアスリートは4番目の動きを目撃しました。 ジョン・ヒギンズ (USA)バタフライを使用。 20年後、平泳ぎと蝶は異なるイベントに分けられました。

これは、1936年のベルリンオリンピックでの200回の平泳ぎを示すInternationalArchivesの有名なアーカイブからの抜粋です。

READ  米国、日本、韓国が「安全な」チップサプライチェーンについて話し合う