Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1966年以降の破産の減少は、「ゾンビ」日本企業への恐れを引き起こしました

昨年、日本は半世紀で最も少ない破産を経験しました。

これが、パンデミックに対する政府の対応が、企業を浮き上がらせ、人々を雇用する上でどれほど成功してきたかです。

しかし、エコノミストは、暗い面があるかもしれないと警告しています。 無利子の融資と補助金はまた、危機の前にすでに苦しんでいて、衰退したままにされたかもしれない企業を支えるのを助けたかもしれません。

あらゆる場所の政策立案者が危機の際に正確に適切な量の支援を提供するのに苦労している一方で、日本には「ゾンビ」企業を存続させていると非難されてきた簡単な信用の長い歴史があります。 それは労働力不足を悪化させ、不健全な競争を生み出し、平時でも価格に下落圧力をかけています。

「パンデミックが発生する前から、低収量の環境でゾンビ企業が増えているという問題がありました」と、大和研究所のエコノミスト、古城翔太郎氏は述べています。 「それは潜在成長率を低下させ、金融緩和の影響をさらに低下させる可能性があります。」

企業を動かし続けてきた国は日本だけではありません。 2010年半ばに経済協力開発機構(OECD)が実施した調査によると、ゾンビ(債務の利子を支払うのが困難な企業として定義されている)は、先進国全体で生産性を低下させ、成長を鈍化させていました。

しかし、日本では、最新の援助の規模は並外れています。

日本銀行は、パンデミックの最盛期以来、企業を支援するために95兆円(8,300億ドル)以上を融資してきました。これは、日本銀行の比較によると、2002年6月以降の国内のすべての破産債務をカバーする金額です。残高。 日本のビジネスの失敗を測定する東京商工リサーチからの論文とデータ。

東京大学の植田健一経済学教授は、「政策立案者が干渉し続けるのではないかと心配している」と述べ、政府は全面的な援助を提供するのではなく、どの企業を支援するかを決定するために銀行を離れるべきだったと主張する。 「それは無駄です。」

調査会社帝国データバンクの統計によると、失業率が3.1%を超えることはなく、日本の成長が爆発的だった1966年以来の破産率が最も低く、日本が他のほとんどの主要経済国よりもパンデミックを乗り越えてきた大きな理由でもあります。

国際通貨基金は金曜日、日本銀行が中小企業に危機支援を集中させるという最近の決定は、「新しいゾンビ企業の出現を防ぐ」のに役立つはずだと述べた。

「岸田文雄首相は所得格差の縮小を目指しているので、長期的な景気後退を回避する必要があるとしても、在任中にゾンビを殺そうとは思わない」と結城氏は語った。増島。 、ブルームバーグエコノミクスのエコノミスト。

岸田にとって、いつ援助を撤回するかを決めるのは、彼がより親切でより親切な資本主義のブランドを約束するようになったので、より難しいでしょう。

彼は、特に今年の夏に選挙が近づき、経済が依然として不安定な状況で、弱者への支持を奪うと見られるようなことは何もしたくありません。

アナリストは、今年ようやく成長が回復すると予想していましたが、最近のウイルス症例の急増は、再び進歩を妨げる可能性があります。 先週、東京と他のほとんどの主要なビジネスセンターで準緊急事態が宣言されました。

大和の古吾は、この現実を考えると、日本は支援を撤回できる段階ではまったくないと言っています。 しかし、政策立案者は依然として援助スピゴットをオフにするのが遅すぎるリスクがあると彼は言い、継続的な援助に対する公的支援はそれをオフにすることを政治的に困難にしていると付け加えた。

「いつか政府の補助金を減らす瞬間があるだろう」と古城氏は語った。 「これは非常に基本的なことですが、日本はそれが苦手な傾向があります。」

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  インドが英国を抜いて第 5 位の経済大国に