Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1998年の日本のリアリティ番組『リディキュラス・エンターテイメント』

1998年の日本のリアリティ番組『リディキュラス・エンターテイメント』

ドキュメンタリー部門が充実しているどの映画祭にも、それぞれの作品が登場するだろうが、2023年のトロント国際映画祭で際立っているのは『コンテスタント』かもしれない。 -本当の前提 不条理がどんどん積み重なっていき、ついには全体がまったく意味がわからなくなってしまいます。 それが起こったことを除いては。

顎が外れ、頭が震え、少なくとも 1 人の登場人物を憎むことになるかもしれないが、このいまいましいことから目を離すのは難しい – そして特に目を離す​​のが難しいのは浜津智明、別名ナブシ、貧しい人々男。 その真ん中です。

これは 1998 年に日本のリアリティ番組「電波少年」で始まり、元々は若者に耐久テストをさせることを目的としていました。 米国でのリアリティーブームのきっかけとなった『サバイバー』の初演の2年前、プロデューサーの土屋敏雄氏は、番組内で出場者を監禁する「ライフ・イン・アワード」というコーナーのアイデアを思いついた。雑誌の山が置かれた殺風景な部屋で、必要事項を記入するよう求められました… 食品、衣類、調理器具、その他の必需品の懸賞賞品が当たるクーポン。 ぬいぐるみやタイヤなど、必需品ではないアイテムを獲得した場合、賞金 100 万円 (現在の約 7,000 ドル) を獲得するという最終目標を達成できます。

ハマツは、この時点で20代半ばのコメディアンで、顔があまりにも長いため、幼少期に「ナブシ」または「ナス」というあだ名が付けられたほど、いじめを止める最善の方法であることを学んでいましたが、無作為に選ばれた出場者になりました。キャストコール。 土屋さんは彼を部屋に案内し、服をすべて脱ぐように言い、ミリオン達成には賞品を獲得する必要があると説明した。 番組内で知られていたアル・ナブシ氏は、自分が毎週10分間のクリップで撮影され放送されるとは思ってもいなかったが、自分が巨大なテレビスターになるとは知らずにその前提に同意した。

彼は後にこう語った。「母が、乱れた裸の愚かな息子のことを心配して、涙を流していたのが分かりました。」

当然のことながら、生産者たちはナブシを餓死させなかった。「私たちは彼に少しずつビスケットを与えた」と彼は言い、ナブシが食品賞を受賞し始めたら、彼は受賞したもので生きていかなければならなかったと付け加えた。 毎週 3,000 万人のテレビ視聴者にとって、彼は恐ろしいほど楽しませてくれました。生殖器を覆うナスで部屋を歩き回る裸の男でした。 すべては演出であり、彼が24時間部屋にいなかったのではないかと一部の人が推測したとき、「電波少年」は24時間生放送を開始し、毎回ナスの位置を変更するために技術者を常駐させる必要がありました。 ナブシ股間が動いた瞬間。

彼はアーティストとして非常に成功していましたが、それを本人は知りませんでした。ナブシが映画のインタビューで語っているように、部屋ではとても孤独を感じていました。 (乗組員には彼と接触しないように言われました。)

ナブシ、土屋、その他のインタビューとは別に、出場者は電波少年そのものの狂気を受け入れ、月日が経ち、賞賛が積み重なるほどに目がくらむほどの活気に満ちた熱狂的なトーンを貫いています。 (シリーズのオリジナルの日本語ナレーションはフレッド・アーミセンによって翻訳され、吹き替えられました。)しかし、ナブシが極度の孤独や狂気とさえ戦った方法も説明しているため、まったく暗くて憂鬱になり始めています。そこでテトリーと彼女の映画がその板に上がります。そして、クレイジーで幻覚性のものが判明します。

しかし、ナブシが100万回目の目標を達成するまでに、韓国に転勤になり、最初からやり直すように言われるだけで、土屋と彼のサディスティックなプロジェクト全体に敵対せずにはいられない。 「間違っているかどうかはともかく、執着せずにはいられない」とプロデューサーは言う。

そう、彼は夢中になっていたのだ。 そしてはい、それは間違いでした。 時々、「出場者」は両方の方法でそれを望んでいるように見えます:彼はナブシを素晴らしい娯楽の主題として利用し、その後彼が受けた虐待がどれほど恐ろしいかを指摘することで自分自身を無罪にします。

しかし、ある意味、最後に笑うのはナブシ自身だ。 その部屋で裸で過ごした1年間で「人間性への信頼を失った」と彼は言うが、同時に彼の人生には気が遠くなるような第二章があったとも述べており、それをここでネタバレしてはならない。 『ライフ・イン・トロフィー』の背後にある黒幕は、より良くなろうと努力しているにもかかわらず、ひどい人物のように見えますが、この番組の主題はある種のヒーローであると言えば十分です。

ドキュメンタリー自体に関して言えば、次のとんでもない瞬間を探求するという点では不可解で腹立たしく、そして実に面白い。 「レーサー」はあなたにエンターテイメントを楽しんでほしいと思っていますし、あなたにそのエンターテイメントについて嫌な思いをしてほしいと思っています。 両方の点でほぼ成功しています。

「コンテスタント」はTIFFのセールスタイトルです。

ポスト 「コンテスタント」レビュー: 1998 年の日本のリアリティ ショーは愚かなエンターテイメントになった 最初に登場したのは 包む

READ  日本の無声映画とロサンゼルスの歴史が衝突する、弁士のワールドツアーの楽しみ