Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1ml。 日本から寄贈されたCOVID-19ワクチンがベトナムに届けられました

日本から寄贈された100万回分のコロナウイルスワクチンを運ぶ飛行機が水曜日の夜にベトナムの首都ハノイに到着しました。国の保健相は善意のジェスチャーに感謝の意を表したのです。

ベトナムは、亜種が国内に侵入するにつれて4月下旬からウイルス症例の急増と戦ってきましたが、ワクチンの投与量を確保するのに苦労しており、これまでに少なくとも1つのCOVID-19ワクチンを接種した人口は2%未満です。

日本から出荷されたコロナウイルスワクチンの投与量は、2021年6月16日にベトナムのハノイに到着します(共同通信)

グエン・タン・ルオン保健相は、英国の企業アストラゼネカが開発した寄贈ワクチンは、主にベトナム南部のホーチミン市で配布され、症例が増加していると述べた。

ベトナムは水曜日の時点で11,635の感染を確認しましたが、それらの約70%は5月以降に確認されました。

日本は今月初めに124万回のアストラゼネカラウンドを台湾に寄付しました。

茂木敏充外相によると、東京は7月にインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイにCOVID-19ワクチンを接種することも検討している。


関連する報道:

日本が寄付したCOVID-19ワクチンが台湾に到着し、中国を怒らせた


READ  新しい研究によると、精子は火星に最長200年間生息できるため、人間は火星で生殖できることがわかっています。