Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2億4000万回分のCOVIDワクチンは、日本、米国、ヨーロッパで無駄になるリスクがあります

東京/カイロ-先進国は、発砲が最も困難な発展途上国の人々に接種される前に、何億もの過剰なコロナウイルスワクチンの接種が期限切れになるリスクを抱えています。

英国の調査会社Airfinityの分析によると、ブースターショットを考慮した後でも、G7およびEU加盟国に購入または約束された約1億回の投与が年末までに期限切れになります。 有効期限が切れてから2か月以内に合計約2億4000万人が到着し、新興国への送金がロジスティック的に困難になります。

Airfinityによると、供給が需要を上回っているため、G7株と欧州連合は2021年末に10億回の線量を超えるとのことです。 分析では、すべての国がブースターショットを提供すると想定していますが、12歳未満の子供に対するワクチンの承認は考慮されていません。

先進国に供給されるコロナウイルスワクチンの貯蔵寿命は、通常6〜7か月です。 WHOが支援するCOVAX施設を通じて新興国に線量を配布する場合、冷蔵とワクチン接種場所への輸送を確保するための時間が必要です。 寄付されたショットの有効期限を検討する際には、この時間を考慮に入れる必要があります。

日本は5億6000万回分を購入または購入することに同意しました。 予防接種キャンペーンの開始は欧米よりも遅いものの、人口の60%以上が完全に予防接種を受けており、11月頃までにほぼ全員がワクチンを接種する予定です。 。 収集。

Airfinityは、日本の備蓄にあるワクチンは、2回目の接種から8か月後に高齢のレシピエントに追加接種を開始すると仮定すると、年末頃に2か月の期間に入り始めると推定しています。 3月の時点で、その期間中に1億回以上の線量が減少します。

内閣官房によると、日本はファイザーとモデルナから地方自治体に線量を受け取り次第配布し、有効期限を考慮していなかった。

南アフリカのソウェトで、医療従事者がCOVIDワクチンを接種しました。 これまでのところ、COVAXプログラムを通じて出荷された用量は3億をわずかに超えており、年末までに当初の目標である20億をはるかに下回っています。 ©ロイター

一方、州は廃棄物を削減するために、日本の高齢者に限定されていたアストラゼネカのショットの寄付を増やしました。 他のワクチンメーカーからの用量の需要が低いと予想されるため、東京は、間もなく余剰となる供給について同様のオプションを検討する必要があります。

コロナウイルスワクチンメーカーは、今年末までに122億回の接種を予定しており、12歳以上の世界人口全体にワクチンを接種するのに十分です。

しかし、この供給の多くは先進国に約束されており、新興経済国でのワクチン接種キャンペーンは、十分に計画された共有の取り決めなしに引き続き減少するでしょう。 これまでにCOVAXを介して出荷された用量は3億をわずかに超えており、年末までに当初の目標である20億をはるかに下回っています。

もう1つの障害は、発展途上国における未発達のコールドチェーンロジスティクスネットワークです。 先進国はこの分野でも支援を提供する必要があります。 マラウイは5月に2万回の期限切れの線量を燃やし、コンゴ民主共和国はCOVAXに130万回の線量を返しましたが、それらは与えられる前に期限切れになるリスクがありました。

COVAXを共同で主導する国際ワクチン同盟であるGaviの代表者は、人口の予防接種を進めている国々は、まだ多くの貯蔵寿命が残っているショットの大規模で組織的な寄付を行う必要があると述べました。

READ  パウエルは刺激のダイヤルに近づく:環境週間