Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2時間の国内線でのSARS-CoV-2ウイルスの感染

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、飛行中の感染率が低く、飛行時間が短い国内線では感染率が高いことを示しています。 フェイスマスクは効果的であり、コロナウイルス病2019(COVID-19)の蔓延を防ぐ上で重要な役割を果たします。

スタディ: 2020年3月の沖縄への2時間の国内線でのSARS-CoV-2ウイルスの感染。 画像クレジット:zuzana caprnkova / Shutterstock

新しい研究がに掲載されました インフルエンザおよびその他の呼吸器ウイルス 航空機内の指標患者にさらされた可能性が高い旅行者のCOVID-19感染の範囲を調査し、フェイスマスクの使用と指標患者への助手席の近さに基づいて感染に関連するリスクをテストしました。

勉強する

このコホート研究では、2020年3月23日の国内線でA州のX市から那覇まで、乗客と乗務員の間でSARS-CoV-2感染を収集することについて説明しました。発熱)フェイスマスクなしで旅行します。

飛行機はボーイング737-800で、177のエコノミークラスの座席がありました。 空気再循環システムには、2020年2月15日に改装された高効率粒子状空気(HEPA)フィルターが取り付けられていました。航空機は座席の80.2%を占めていました。患者インジケーター、他の141人の乗客、4人の乗務員、 2人のパイロット。 飛行機に乗っている。

患者インデックスの2列に座席がある乗客を追跡しました。 当初、141人の乗客のうち82人がインタビューを受けました。 乗客はSARS-CoV-2感染への潜在的な曝露について通知を受け、2020年4月6日まで自己検疫と自己監視を求められました。航空会社の乗務員にも同様に通知されました。

2020年4月26日から29日まで、検証済みの質問票と電話インタビューを通じて、特性、座席の割り当て、機内フェイスマスクの使用、旅行後34日までの病気の症状に関する質問を含む追跡調査が行われました。 。 確認された症例のデータと診断に使用されたサンプル残留物は、地元の保健当局から収集されました。

単変量および多変量ロジスティック回帰分析を使用して、インデックストレイの2列に座っている乗客またはマスクを着用している乗客のCOVID-19の合計および調整済み相対リスクを計算しました。

結果

船に乗った146人の平均年齢は26歳で、その50.7%が男性でした。 これらの乗客のうち、14件の確認された症例と6件の可能性のある症例が特定されました。 確認された症例はいずれも、飛行以外に確認されたCOVID-19患者と密接に接触していませんでした。

ウイルスのゲノムは、確認された14例中12例で配列決定されました。これは、ポインターの場合と同じであるか、ヨーロッパ関連の日本人分離株の株(パンゴリンB.1.1株)として分類されるか、1ヌクレオチドのみ異なります。

確認された14例のうち家族グループは2つしかなく、二次発病率は9.7%でした。 フェイスマスクの不適切な使用または使用なしの相対リスクと95%信頼区間(CI)、および患者インデックスの2行内の着席した乗客はそれぞれ2.46、4.6、および4.8でした。 フェイスマスクなしの旅行は、2つの患者の列内に座るための調整後の独立した危険因子でした。

議論

疫学的ゲノム分析は、飛行中の感染が感染した呼吸器飛沫および感染した小さなエアロゾルを介して発生した可能性が高いことを示した。 結果は、民間航空旅行中の乗客と客室乗務員の間でフェイスマスクを使用することの有効性を示しています。

航空機内のHEPAフィルターにより、飛行中、特にエアロゾルを介してCOVID-19が感染する可能性は低くなります。 2列ルール(確認された患者から2列に座っている乗客は集中的な接触と見なされ、液滴を取得する可能性が高い)は国際的に受け入れられています。

旅行後に負傷したほとんどの乗客は、このフライトのインジケーター状態から2列以上離れて座っていました。 したがって、原因物質としての微細エアロゾルの感染の可能性が高い。 小さなエアロゾルを介したSARS-COV-2の空中伝播のリスクも最近確認されました。

この結果は、航空機のイベントのコンタクトトレーシングを考慮して、前進する感染源を特定できることを示唆しています。 結果は、戦闘におけるCOVID-19感染の伝播の要因は、ウイルス量、乗客によるフェイスマスクの使用、キャビン内の換気システム、およびキャビンに対する感染者の座席位置であると結論付けました。気流。

一部の国ではすでに実施されている乗客の感染リスクを軽減するために、搭乗前に簡単なスクリーニングシステムを実装する必要があります。 さらに、確認されたCOVID-19症例への曝露または接触の可能性があるか、過去14日間にCOVID-19流行地域への旅行歴がある可能性がある個人については、SARS-CoV-2ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)があります。または、フライトに搭乗する前の迅速な抗原検査が推奨される場合があります。 さらに、フライトでマスクを着用するという世界的な方針に従う必要があります。

ジャーナルリファレンス:

  • 豊川徹; etal。 (2021)「2020年3月の沖縄への2時間の国内線飛行中のSARS-CoV-2の感染」、 インフルエンザおよびその他の呼吸器ウイルスバン 10.1111 / irv.12913
READ  アラスカでのCOVID-19の追跡:金曜日に66例、死亡は報告されていません