Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2隻の中国船が成都諸島沖の日本の海域に入る、ワールドニュース

北京の不法侵入の別のケースでは、2隻の中国政府船が月曜日の朝に東シナ海の成都諸島の外の日本の地方海域に入った。

NHKワールドは、海上保安庁の職員が月曜日の午前4時頃に南小島沖の日本の海域に侵入し、日本の当局に船を水域から遠ざけるよう警告したと報じている。

当局者は以前、3隻の中国政府船が日本の領海の外の連続地帯を航行しているのを見たと述べた。

日本の公用船が成都諸島外の日本の領海に入るのは今年で11回目です。

日本は成都諸島を支配していますが、中国と台湾は引き続き所有権を主張しています。 島々は東京の歴史と国際法の不可欠な部分です。

以前、ロイド・オースティン国防長官は、日本の使節との最初の会話で、尖閣諸島を中国の拡大から保護するという米国のコミットメントを更新しました。 日本と中国の東シナ海にある島々は、日本では尖閣、中国ではテオユと呼ばれています。

オースティンと日本の岸信大臣は、日本に対する米国の防衛義務を定義する日米防衛協定の第5条に尖閣諸島が含まれていることを確認した、とジジ通信社が報じた。

国防相は、日本の島嶼管理権を損なう一方的な行動に反対することを再確認した。

日本は、争われている島々の周りへの水の侵入を含む、東シナ海での中国の膨張主義的作戦についてますます懸念している。

(代理店からの入力あり)

READ  オリンピックの1か月前、日本はCOVID-19緊急事態を緩和します