Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

20代の男性が京都の自宅でCOVID-19により、基礎疾患なしに死亡



市内の中京区にある京都市役所。 (毎日/凧裕介)

5月12日の夕方、京都市政府は、5月2日にコロナウイルス陽性であった20代の地元の男性が自宅で回復中に死亡したと発表しました。

彼は入院を望んでいたが、彼を受け入れた病院はなかったと伝えられている。 彼には根本的な状態はなく、彼の死はCOVID-19肺炎によるものと思われます。

日本西部の都市によると、男性はかつてレストラン業を営んでいて、一人暮らしでした。 4月29日、摂氏39.5度の発熱があり、風邪や痰が出て、5月2日に訪れた医療機関からコロナウイルスに感染していることが確認された。

翌日入院したかったので、地元の保健所から、県内のコロナウイルス患者の病床を一元管理している京都府管理センターに場所の確保を要請したが、受け入れられなかった。

5月4日の時点で、病院のベッドはまだ彼に固定されておらず、公衆衛生センターは電話を通じて彼の状態を監視し続けました。 5月5日、彼は保健センターからの5件の電話に応答しませんでした。 伝えられるところによると、州警察は、自宅で男性が死亡した翌日の午前1時頃に保健センターに通知しました。

5月12日の夕方に発表された他の発表の中で、州および市政府は、京都府がその日に新しいコロナウイルスの148例を確認したと述べました。 感染経路は76例で不明でした。

したがって、負傷者のうち89人は京都出身でした。 宇治市から15。 モコ市から13。 五葉市から8人。 ミズル市から4人。 長岡京市、八幡町、久御山町からそれぞれ3人。 福岡市、神岡市、京丹後市からそれぞれ2つずつ。 木津川市とエディ市からそれぞれ1つずつ。 そして州外から2人。

5月13日の午後4時の時点で、京都府では合計14,076件のCOVID-19感染と195人の死亡が確認されています。

(京都事務所南優子による日本起源)

READ  予防接種を受けている場合、COVID-19 検査は必要ですか?