Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2,000億ドルのコロナウイルス予算は未使用:日本監査​​役会



日本の監査役会は東京都区にあります。 (ミニチ/柴沼仁)

東京発-日本政府は、2019年度から2020年度までのコロナウイルスの流行に対処するために割り当てられた予算に22兆円(約2,000億ドル)を未使用のまま残していると、日本監査委員会は述べています。

政府はコロナウイルスに対応するために合計65.4165兆円(約5759.0億ドル)の予算を立てましたが、65%または42.5602兆円(約3746.4億ドル)しか使用されていませんでした。 残り。 未実施予算の21.7796兆円(約1917.5億ドル)のうち、ほとんどが翌年度に振り替えられ、1兆763兆円(約94.7億ドル)は不要とされた。

監査委員会は、予算を適切に実施し、納税者に適切な説明を提供するよう政府に要請しました。

理事会は、政府省庁によって関連するコロナウイルスとして分類された854のプロジェクトのうち770のプロジェクトの予算実施の状況を検討しました。 それらの770のプロジェクトは、反政府活動のために明確に割り当てられており、それらの予算の利用は分析的でした。

770のプロジェクトのうち、経済および雇用活動のための296のプロジェクトの予算は実行されず、最大のグループを作成しました。 296件の事業に割り当てられた46.1529兆円(約4062.6億ドル)のうち、13兆円(約1144.3億ドル)が次年度に繰り越されました。

一方、3つのプロジェクトの予算には合計7,8792兆円(約693.7億ドル)が割り当てられたが、地方自治体が自由に利用できる暫定国家補助金によると、実施されたのは約33%、5.2640兆円に過ぎなかった。コロナウイルスの危機。 (約463億4000万ドル)は次の会計年度に繰り越されました。

(山崎正勝、東京シティプレスによる日本語原作)

READ  日本の魚消費は回復の兆し