Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2018年7月下旬に日本の工場ムードが高まるEconomyNews&Top Stories

東京(ロイター)-ロイター・トンガンの調査によると、日本の製造業者の企業の信頼は、国の輸出からの回復に対する堅調な世界的需要のおかげで、7月に2年半以上上昇した。

しかし、懸念される兆候として、企業がコロナウイルス危機の崩壊に苦しんでいるため、サービス部門の感情は悲観的であり、世論調査によると、日本銀行(日銀)はトンクの四半期調査を注意深く監視しています。

「世界経済は、コロナウイルスの流行の影響から回復する兆しを見せています」と、機械メーカーのマネージャーは世論調査で書いています。

「しかし、顧客が事業支出の決定を延期しており、予算が減少しているため、見通しは不透明です。」

6月30日から7月9日までに実施された世論調査によると、製造業者向けのロイタートンガ感情指数は6月に22から25に上昇し、2018年11月以来の最高値を記録しました。 サービスコードは、前月に3マイナス1フラット読み取りに低下しました。

ロイターのトンガ指数の測定値は、良いと答えた人から悪いと言った人まで、回答者の割合を差し引いて計算されます。 肯定的な読書は、信者が悲観主義者を上回っていることを意味します。

製造業者の感情は、自動車、化学、金属製品の製造業者への強い依存から刺激を受けましたが、繊維および製紙業界の不利な状況によって相殺されました。

世論調査は、大中規模企業503社を対象に行われ、そのうち257社が匿名で回答したが、日銀の7月15〜16日の政策会議に先立って行われた。

今月の日銀独自の「トンガ」企業調査でも、企業の信頼感が2年半向上し、サービス部門のセンチメントは5四半期ぶりにプラスに転じました。

日銀は8月22日まで続く東京の新しい非常事態宣言として、今年度の経済成長予測を引き下げ、消費者や企業のセンチメントに影響を与える恐れがあると予想されています。

ロイターのトンガの世論調査は、痛みを伴う企業、特にサービス部門の企業が健康危機の影響を感じているという事実を強調しています。

「コロナ抗ウイルス作用のために意識が改善されないため、全体的な消費者行動は遅い」と食品メーカーのマネージャーは調査で書いた。

しかし、長期的な統制から成功したとしても、日本政府は、今年の終わりまでに、経済は、多くの場合、堅調な輸出と進歩からの個人消費を後押しするインセンティブで、エピデミック前のレベルに戻ると予測しています。

調査によると、製造業の信頼感は10月にさらに28に上昇し、サービス部門の企業は8に上昇すると予想され、3か月間の予測は前月よりわずかに低くなりました。

READ  2021年7月4日に知っておくべき5つのこと:Covit-19、Surface、Elsa、日本、マサチューセッツの位置