Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2021年に輸出が過去最高を記録し、世界は日本のジンを味わうようになりました

日本で生産されたジン、特に職人のジンは、その独特の風味で近年海外で人気を博しており、蒸留酒の輸出は2021年に史上最高に達しました。

大阪税関によると、日本は2021年1月から10月の間に3,714キロリットルのジンを約25.7億円(2200万ドル)輸出した。 2021年の最初の10ヶ月間の輸出額は、2019年全体で記録された22億8000万円を超え、過去最高の水準となった。

添付の写真は、サントリースピリッツ株式会社製の「RokuGin」ボトルです。 (共同通信)

国税関によると、2011年の輸出額はわずか100万円でしたが、世界的なジン需要の急増を背景に、2016年以降、出荷量が大幅に増加しています。

2021年1月から10月にかけて、ヨーロッパと北米が日本のジン輸出の60%以上を占めました。 米国は19.3%を輸入し、13.3%と11.0%はそれぞれオランダとフランスに出荷されました。

ジンは、ライ麦や大麦などの材料を使用して製造され、ジュニパーベリーなどの植物で風味付けされた蒸留酒です。

日本の生産者の中で、サントリースピリッツ株式会社。 桜や柚子の皮などの植物を使って生産された六銀を2017年から輸出。

サントリーホールディングスの関係者は、「日本のジンは風味が良く、海外でも認知されている」と述べ、海外向けの商品が増えていると述べた。

欧米では定期的にジンを飲む人が多いことから、サントリーは今後も海外の販売チャネルに注力していくとのこと。

READ  ゲスト編集:アートキュレーターがシドニーで最高の芸術と文化のイベントを選択して2021年を完成させる