Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2021年南西日本芸術祭を主催するスターリングストリートアーツセンター| バンバリーミル

2021年の文化庁メディア芸術祭の一環として、あらゆる年齢の家族や友人がスターリングストリートアーツセンターに向かい、多くのアトラクションや文化的祝賀会を開催します。

9月4日(土)に開催されたお祭りは、イベント参加者がライブエンターテインメント、アクティビティ、伝統的な日本料理を楽しむ機会があった「花見パーティー」で幕を開けました。

展示されている活動には、折り紙、日本のゲーム、俳句、バンバリー地域アートギャラリーでのアート活動などがあります。

ブースのオーナーであるクリス・パーカーは家族と一緒にパーティーに参加し、伝統的な日本のヨーヨーの作り方と楽しみ方を他の人に教えました。

ヨーヨーゲームでは、風船に水を入れ、輪ゴムを上に巻いて、ヨーヨーのように風船をバウンドさせます。

パーカー氏は、このイベントはバンバリーでの日本文化を紹介する素晴らしい方法であり、特に現在の海外旅行の制限があると述べました。

「私たちはバンバリーに9年間住んでいて、妻と娘は日本で生まれました。バンバリーには大きな日本人コミュニティがあるので、これは文化を共有するための素晴らしい方法です」とパーカーは言いました。

ブースにいるナミとクリス・パーカー。

ブースにいるナミとクリス・パーカー。

エンターテインメントには、武道の展示だけでなく、パースを拠点とするダンスグループStellunaのアイドル状態の日本のポップミュージックを含む伝統的な日本舞踊も含まれていました。

文化庁メディア芸術祭は9月11日まで開催されます。

応募者は、リージョナルアートギャラリーから日本の南西部フェスティバルの地図を入手し、バンバリーCBDを歩き回り、応募用の「スタンプ」を集めて、数々の賞品を獲得することができます。

フェスティバルの一環としての次のイベントは、9月6日の午後6時にクリフトンストリートのライトオンバーガーズで開催されるスライダーナイトです。

READ  永遠:アンジェリーナ・ジョリー主演のクロエ・チョウのマーベル映画の最初の映像が公開されました