Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2021年6月の中華圏と日本のコンテストの更新

中華圏

2021年4月26日、中国の独占禁止法規制当局である国家市場規制局(SAMR)は、中国最大のオンライン食品配達サービスプラットフォームであるテクノロジー大手の美団との独占禁止法調査を開始したと発表しました。 調査を発表した声明の中で、SAMRは、「2つのうちの1つを選択する」として知られる幅広い慣行に焦点を合わせていることを示しました。eh xuan yi)「会社が加盟店に独占的な流通チャネルとして1つのプラットフォームのみを選択することを要求している場合。

「2つのうちの1つを選択する」慣行の普及した性質にもかかわらず、独占禁止法や中華人民共和国(AML)の独占禁止法の下で、独占禁止法や取引拒否などの特定の種類の独占的慣行が許可される可能性があるため、問題は微妙です。ポジションが支配的な市場を欠いているエンティティの場合。 マネーロンダリング防止法(AML)のセクション19は、市場における支配的な地位を、関連市場における製品の価格または生産またはその他の取引条件を管理する能力、または他の事業体の関連する市場。 さらに、次の場合、第19条に基づいて、反駁可能な支配の推定が想定されます。(i)企業が市場シェアの50%以上を所有している。 (2)2つのエンティティの合計市場シェアが66%以上であるか、(3)3つのエンティティの合計市場シェアが75%ですが、シェアが10%未満のエンティティは除外されます。

日本

a。 JFTCはクラウドサービスの分野で調査を実施します

2021年4月14日、公正取引委員会(JFTC)は、クラウドサービスの分野で調査を実施する計画を明らかにしました。 少数のデジタルプラットフォーム事業者による寡占が進んでいる可能性があることが指摘されている。 公正取引委員会は、競争環境の改善という観点から、市場の状況や実際の取引を把握し、独占禁止法や競争政策の下で問題を整理したいと考えています。

この調査の第1段階では、サービスプロバイダーとユーザーの両方に対してインタビューとアンケートを実施し、問題が特定された場合、外国貿易委員会はトピックを絞り込んでさらに調査を行う場合があります。 この調査は、オンラインショッピングモールやアプリストア、デジタル広告に関するこれまでの調査に続き、デジタル分野の実際の状況を理解するための一連の取り組みの3番目として実施されます。

B。 日本政府は専門チームの設立を検討しています。

日本政府は、市場シェアの拡大に伴い、2022年までにJFTC内に専任チームを編成し、デジタル、ヘルスケア、エネルギー分野の競争環境を調査することを検討しています。 COVID-19による経営状況の悪化によりM&Aの頻度が増加した場合、少数の大企業が市場を支配するリスクがあります。 したがって、新しい専門家チームは、ビジネス慣行が市場を支配する特定の少数の企業につながる可能性があるかどうかを調査します。

JFTCは、スタッフの構造を強化し、調査対象の事業分野に精通し、外部当局とコミュニケーションをとることができる専門家を確保することを計画しています。 今後数年間で、日本は米国や他の国々と同じ規模のチームを持つことを目指しています。

Eduardo Gambardo、Pamela J. Marple、Yogi Ogiwara、Stephen M. Bieber、Jillian Sproul、Philip Dargas、Marta Konaca、Pietro Misanelli、Massimiliano Pizzonia、Anna Ruggertes、Jose Abel Rivera Pedroza、Ibi Suzuki、Rebecca Tracy RotemUpdateも寄稿しました。

©2021Greenberg Traurig、LLP。 全著作権所有。 National Law Review、Volume XI、No。162

READ  世界的な課税はまだ現実にはほど遠い