Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2022年の基礎ストライキ能力に関する日本の議論のエスカレート

日本は、今年の国家安全保障戦略の計画された見直しに先立って、敵の基地を攻撃する能力を持つべきかどうかについて完全な議論を始めています。

この動きは、迎撃が困難な高度なミサイルを開発している中国と北朝鮮に対する抑止力と対応力を強化することを目的としています。

与党の自由党はすでに提案案の起草に着手している。 日本が外国に到達できる長距離ミサイルを取得すべきかどうかに焦点が当てられます。

岸田文雄首相は12月3日の演説で、「敵基地を攻撃する能力など、あらゆる選択肢を現実的に検討し、防御力をスピード感を持って大幅に強化できるようにする」と述べた。 23。

政府は中国と北朝鮮による高度なミサイル技術の開発に悩まされていた。

2020年、政府は、地上ベースのイージスアショアシステムを既存の機器、自衛隊のイージス駆逐艦、およびパトリオットアドバンストケイパビリティ-3(PAC-3)に追加することにより、国の弾道ミサイル迎撃能力を強化する計画を放棄しました。陸上システム。

当時の安倍晋三首相は、他の手段で抑止力を強化する必要性を見て、敵の基地を攻撃する能力の獲得を検討するよう政府に指示した。

中国と北朝鮮は、マッハ5以上で移動できる極超音速ミサイルと、不規則な飛行経路をとるミサイルを開発しています。 現在のミサイル防衛システムでは、このような高度なミサイルを迎撃することは困難です。

国防総省の高官は、「反撃能力を持たざるを得ない」と述べた。

外国の敵対基地を攻撃するためには、その国のミサイル迎撃システムを無効にするための標的ロケーター衛星と電子戦能力、および国に到達できる長距離ミサイルが必要になるでしょう。

2019年5月のハウスプレナリーセッションで、安倍首相は「敵基地を攻撃するための装備システムの構築は検討していない」と述べた。

岸田文雄氏は、安倍首相のメモに出てきた政府の立場を変えて、必要な備品の取得に向けて動くかどうかを慎重に検討するとしている。

敵基地を攻撃する能力の獲得を支援する自民党は、主に国防省と安全保障研究委員会でこの問題について話し合っている。 党は早ければ5月に政府に提案を提出する予定である。

一方、与党の自民党のパートナーである公明党は、日本に能力を持たせるという考えに熱心ではない。

双方は通常、国家安全保障の分野で重要な政治的決定を下す前に協議を行います。 しかし、双方がすぐにそのような議論をするかどうかはまだ分からない。

最近の記者会見で、公明党の山口奈津首相は、この問題に関する議論は夏の参議院選挙後まで待たなければならないと述べた。

山口首相は、今月下旬に開かれる次年度予算の審議と、夏に策定される政府の経済財政政策の新たなガイドラインに言及した。

敵基地の攻撃能力についての議論は「これが先行すると思う」と彼は言った。

首相官邸の高官は、この発言に照らして、上院選挙に先立ってこの問題に光を当てることは「難しい」と述べた。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本株は弱い取引で反発