Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2023 マツダ CX-8 の化粧品が日本でデビュー – デザインとテクノロジーがわずかに改訂されました。 RM96kの3モーター

マツダ CX-8 フェイスリフトイン 日本更新された 3 列 SUV は、今年 12 月末に国内で発売される予定です。 いくつかの視覚的な調整に加えて、CX-8 はいくつかの技術および処理の更新も取得します。

新しい CX-8 では、エクステリアから始めて、より厚いクロム ベゼルとグリル パターン インサートを備えた改訂されたグリルが得られます。後者は、フェイスリフト前の水平スラットに取って代わります。 他の場所では、フロント バンパーは以前よりもシンプルなデザインになり、下部インテークの形状が変更され、偽のスキッド プレートが取り付けられています。

ヘッドライトも新しく、クロームフレームの「ウイング」に見事に溶け込み、CX-60を彷彿とさせるL字型のデイタイムランニングライトを採用。 アダプティブ LED ヘッドライトは引き続き注文可能で、夜間の視認性を向上させるために 12 個ではなく 20 個の照明要素を備えています。

リアでは、再設計されたテールライトがイルミネーションに似たシグネチャーを獲得し、フロントは L 字型の要素を備え、テールゲートのクローム ストリップはクラスターに干渉しなくなりました。 すぐにはわかりませんでしたが、リアバンパーはより意図的な位置にわずかに広げられました。 日本のお客様には、新しいカラー オプションであるロジウム ホワイト プレミアム メタリックも選択できます。

マツダはまた、シルバーのスキッドプレートとグロスブラックのサイドミラーカバーを備えたオフロード風のグランドジャーニーを含む、いくつかのスタイリングパッケージを提供しています. これに加えて、ブラックのエクステリア アクセントとレッドまたはブラックのレザー張りを選択できるスポーツ アピアランス パッケージが追加されます。 さらに優れた限定品として、ボディ同色のホイール アーチとボディ下部のカラーリングが追加されました。

内部では、CX-8 はまだ非常によく知られており、コーナリング中の上半身の安定性を向上させるために、新しいシート クッションやスプリングなどの小さな変更が加えられています。 USB-C ポートも、ワイヤレスの Apple CarPlay サポートと、マツダ インテリジェント ドライブ セレクト (Mi-Drive) システムのノーマルとスポーツに加わるオフロード モードとともに、キャビンに導入されます。

ドライバー アシスタンスは、CX-8 が渋滞時に低速で加速、ブレーキ、車線維持を可能にするクルージング アンド トラフィック サポートを採用することで強化されます。 その他のドライビングの変更点としては、スプリングとダンパーを変更してボディ コントロールを改善し、2.5 リッター ターボチャージャー付き 4 気筒エンジンを搭載したモデルのスロットル マッピングを改善して、迅速な応答を提供します。

これに基づいて、日本でCX-8に利用可能なエンジンオプションには、4250 rpmで230馬力、2000 rpmで420 Nmを生成する前述の2.5リッターターボユニットが含まれます。 この範囲の他のオプションは、6000 rpm で 190 馬力、4,000 rpm で 252 Nm の 2.5 リッター自然吸気 4 気筒エンジンと、4,000 rpm で 200 馬力、4,000 rpm で 450 Nm を生成する 2.2 リッター ターボチャージャー付き 4 気筒エンジンです。 rpm. 2000 rpm.

すべてのエンジンは 6 速オートマチック トランスミッションと組み合わされ、各バリアントは前輪駆動の代わりに全輪駆動で注文できます。 バリエーションによっては、6 人乗りと 7 人乗りのオプションも用意されており、価格は 2,994,200 円から 5,058,900 円 (RM95,769 から RM161,808) です。

READ  大規模に水から抽出された水素