Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2024年オリンピック男子アジア予選で日本がバーレーンを撃破 | デイリートリビューン

2024年オリンピック男子アジア予選で日本がバーレーンを撃破 | デイリートリビューン

てつ | マナマ

デイリー トリビューン – www.newsofbahrain.com

2024年パリオリンピックのハンドボール男子アジア予選でバーレーン代表が日本に26対27で悔しい敗戦を喫したが、試合残り10秒を切ったところでバーレーン代表チームがPKを与え、日本チームがPKを与えた。安平康介は間違いを犯さなかった。 彼の努力。

タイムアウト後、モハメド・ハビブ・ナセルに同点に追いつく最後のチャンスがあったが、9メートルラインの外から放ったシュートはポストに当たり、日本は見事な逆転勝利を収めた。

日本のゴールキーパー中村拓海は、試合を通して何度も決定的なセーブを決め、勝利に貢献した。 この結果、バーレーンは予選第2グループでこれまでの2試合で初黒星となった。 彼らは以前、カザフスタンを破ってカタールのドーハで開催される大会に先発出場していた。

敗れたとはいえ、バーレーンは依然として出場権争いに名を連ねているが、今後に向けてミスは許されない。 カタールの首都は今日は休息日で、バーレーンは日曜のクウェート戦まで試合に復帰しない。 月曜日にもう1日休んだ後、来週火曜日にイランとの予選を終える。

昨日の第2グループのもう1試合では、イランが29-28でクウェートを破った。 第1グループでは韓国がサウジアラビアを29対27で破り、UAEは中国を31対30で破った。 カタールとインドは昨夜も対戦した。 1ラウンド終了後、両グループの上位2チームが準決勝への出場権を獲得し、来週木曜日に開催される予定だ。 決勝戦と3位決定戦は予選最終日の10月28日に行われる。

男子アジア予選の勝者のみが、来年のパリオリンピック男子ハンドボール競技への直接出場権を獲得する。 ドーハの準優勝者にはチケットを予約するもう一度チャンスが与えられるが、3つのオリンピック予選のうちの1つで世界中の他のハンドボール上位国と戦わなければならない。

バーレーンは2021年の東京オリンピックで歴史的な初出場を果たし、2大会連続のオリンピック出場を目指しているが、代表チームがオリンピックの男子ハンドボール競技に出場するのはこれが初めてであるだけでなく、初めてのことであった。王国のために。 オリンピックの団体競技としては初出場。 昨夜の試合では、バーレーンと日本はほぼ試合を通して1-1の引き分けとなった。

12対13で敗れた後、バーレーンは2連続ゴールを決めてリードを取り戻すと、徳田慎之介のシュートをGKモハメド・アブドゥル・フセインが見事なセーブで防いだ。 これによりバーレーンは前半で16-14とリードした。 休憩後は状況はさらに難しくなり、バーレーンはライバルとの差を広げることができなかった。

バーレーンが前進するたびに、日本はそれに応えた。 モハメド・ハビブ・アハメドのゴールで24-23とし、アブドゥル・フセインが再び好セーブを見せてバーレーンに2点リードのチャンスを与えたが、アハメドが次のシュートを失敗し、日本は再び同点に追いついた。

その後、元木裕貴選手がカウンターアタックでゴールを決め、残り6分強で日本にわずかなアドバンテージを与え、アーメド選手がすべてペナルティースポットから得点を再び25点として同点とした。 ナセルのシュートは中村にブロックされ、続いて渡辺仁のゴールで26-25とリードを奪ったが、バーレーンのアーメド・ジャラルがゴールを決め、残り2分前に再び膠着状態を終わらせた。

その後、日本の蔦谷大河選手が決定的なPKを外したが、バーレーンは相手側で得点できず、ハッサン・シェハブ選手のターンオーバーから泰衡選手が決定的なPKを決め、ゴール左下隅に決めた。

READ  マンチェスター・ユナイテッドは、FAカップ準決勝でブライトンとどのように戦うべきですか?