Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2024年万博後 | 日本企業はイノベーションで成長、中国との協力を模索・TechNode

2024年万博後 | 日本企業はイノベーションで成長、中国との協力を模索・TechNode

ソニーや富士フイルムなどの日本の有名テクノロジー企業は木曜日、マカオで開催されたテクノロジーカンファレンス「BEYOND EXPO 2024」で最新製品とビジネスソリューションを披露し、中国との協力の将来への期待を表明した。

アジア最大級のテクノロジーイベントへの公の場への出演は、世界第4位の経済大国がテクノロジー革新の伝統を継承するだけでなく、起業家精神や新興企業の目的地として発展しようとしている最新の例である。

「日本は海外の新興企業を支援することを目的とした一連の政策を実施しており、これらの政策には研究開発に対する多額の財政的補助金の提供が含まれています」と在広州日本総領事の牧野雄也氏はイベント中に述べた。 牧野氏によると、GDPが4兆2000億ドルを超えるアジア経済では、ここ数年でベンチャーキャピタルへの投資も大幅に増加しているという。

「過去15~20年ほどで中国やインド、東南アジアなどの市場に追い抜かれてきたと思いますが、今では官民両部門で日本のイノベーションを後押しする十分な勢いがあります」と同研究所パートナーの田中明夫氏は語った。投資会社ヘッドラインVC、聴衆に「これは私たちが日本で目にし始めている大きなことだ。」

一方、多くの日本の大手企業は、巨大な人口と大きな潜在力を持つ中国での存在感を維持するために、中国への投資を継続したいと考えている、と東京に拠点を置くベンチャー企業、グローバル・ブレイン株式会社の中国事務所代表ジ・ヘ氏は語った。資本会社。 固い。 例えば、広東・香港・マカオ大湾区は人口が多いためビジネス地区として注目している人もいると、在香港日本総領事の岡田健一氏は語った。

開催中の日本テクノロジーフォーラムで企業が発表した革新的な取り組みの一部をご紹介します。 今年のBEYOND EXPO5月22日から25日までマカオで開催。

ソニー 床という形で実現した、触覚技術を活用したエンターテイメントプロジェクトを紹介し、床の上を歩くことで、さまざまな歩行地形のリアルで魅惑的な感覚をユーザーに提供できると述べた。 同社のエンジニアは、体験を強調するためにセンサーとアクチュエーターを床に配置しました。 砂漠や氷をシミュレートし、テーマパーク、美術館、リビングハウスなどで没入型でインタラクティブな体験を生み出すように設計できます。

ソニー(中国)有限公司の竹中幹雄副社長によると、同社はエンターテインメントからモビリティ、高齢者ケアに至るまで、中国向けに幅広く綿密な研究開発計画を持っていたという。

富士フイルム オープンマインドで会社の技術革新ストーリーを共有してください。 富士フイルム(中国)投資有限公司のコーポレートコミュニケーション部長、石永華氏は、日本企業は「ビジネスパートナーとともに未来を照らす」価値を創造することを期待して2014年にオープンイノベーションセンターを設立したと述べた。 このセンターは富士フイルムとダイキンの共同開発によるものでした。 富士フイルムの換気用防音材の使用により、この日本のエアコンメーカーは製品の運転音を 20% 以上低減することができました。

同様の組織が2020年に上海にも設立され、昨年はテクノロジーベースのビジネスの発展を加速するために、ReGACY Innovation Groupと提携して中国で初めて富士フイルムイノベーションプログラムを立ち上げた。

東京に拠点を置く化学メーカー 旭加瀬 当社は、既存の透明樹脂では不可能な光学特性を有する新しい光学透明樹脂「AZP」を開発しました。 光学ガラスに代わる次世代素材として期待されています。 AZP レンズを VR (仮想現実) ヘッドセットで使用すると、偏光ベースの光学折りたたみにより広い視野を提供し、よりコンパクトなヘッドセットが可能になります。 この技術は、二重に屈折する現象である複屈折の影響を軽減することでゴーストやフレアの発生を抑え、コントラストを向上させ、クリアな視界を実現します。

READ  シドニー大学と日本のNIMSの研究者は、電気的に刺激されたときに脳と同じように調整できるナノワイヤーの人工ネットワークを作成する方法を発見しました。