Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2024年2月の訪日外国人はパンデミック以降、月間ベースで最高となった

2024年2月の訪日外国人はパンデミック以降、月間ベースで最高となった

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2024年2月の訪日外国人旅行者数は2019年同月比7.1%増の278万8千人となり、パンデミック以降の月間ベースで最高記録となった。

次いで韓国が81万8,500人(2019年比14.3%増)、台湾が50万2,200人(25.6%増)、中国が45万9,400人(36.5%減)、香港が20万5,910人となった。 )、米国では 148,700 人の視聴者(60.5% 増加)でした。

主要23市場のうち19市場が2月の訪問者数の記録を樹立しており、その中にはフィリピンの6万5,200人(85.4%増)やマレーシアの6万200人(64.2%)、台湾やベトナムからの訪問者(52.6%増の6万100人)などが含まれる。 )は月間ベースでの記録となった。

OAGによると、日本の主要6空港(成田、羽田、関西、名古屋、福岡、札幌)に到着する国際線は、2024年2月に6.5%(1万8,324便)減少し、座席数は4.6%(4.3便)減少すると予想されている。 2019 年 2 月の 100 万席)との比較。

羽田の取り扱い便数は2019年2月と比べて29.1%増(4,184便)、23.0%増(1,020,924席)となった。 関西便は14.9%(4,652便)減少し、座席数は9.9%(1,050,364便)減少した。

次のグラフは、月別および出発地市場別の国際線到着数を示しています。

※本カフカはオームペーストで自由に転載可

JNTO資料(対2019年比)より

JNTO資料(対2023年比)より

READ  三浦と木原のペアが日本で1位になりました