Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2024 年が日本にとって素晴らしい年となる 10 の理由

2024 年が日本にとって素晴らしい年となる 10 の理由

日本株への投資は、昨年まで長らくデッドマネーとみなされてきました。 日本のベンチマーク指数である日経平均株価は、2023年に28%上昇した後、先週新高値を更新した。投資家が直面している問題は、この急騰がまだ続く余地があるのか​​、それともさらなる急騰となるのかということである。 何十年も投資家をイライラさせてきた市場にとって、偽りの夜明けだ。

アナリストらは今のところ、日本株が上昇を続けるには良い兆候が見られると述べている。 その理由としては次のようなものが挙げられます。

長く低迷していた日本経済はより健全に見える。

利益の伸びは妥当だ。

世界クラスの企業のバリュエーションは安い。

配当金や自社株買いが増加する可能性がある。

日興アセットマネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ジョン・フェル氏は「日本は上昇傾向にある。自社株買いが激しく激しくなり、企業には価格決定力があり、利益率は依然として新高値を更新しており、バリュエーションは妥当だ」と述べた。

コンサルティング会社オガワ・ジャパンの創設者、アリシア・小川氏は「その結果、日本企業は財務実績に対する責任を増すことになる。つまり、資本主義への急激な傾きが起きているのだ」と語る。

アナリストらによると、たとえ日本株が昨年の市場上昇分を吸収して再び安定したとしても、投資家がさらなる利益を得られる環境は整っているという。 2023年、日経平均株価の上昇は円安によって損なわれた。 の モーニングスター日本指数 円換算で27.9%、米ドル換算で19.7%のリターンです。

投資家はこれまでも、日本の偽りの夜明けによって被害を受けてきた。 ここで、日経平均株価が 35,619 ポイントで、1989 年 12 月に記録した史上最高値 38,957 ポイントを下回っていることを考えてみましょう。しかし、アナリストらは、今回は事情が違うと言っています。 より強力な株式文化の構築に焦点を当てた改革によって活性化された市場に信用が送られ、 逆収縮競争力のある通貨と変化する社会。 これはすべて、評価額が先進国で最も安く、企業の現金を株主に還元できるためだ。

日本株は過去最高値を更新する可能性はあるのか?

日興アセットマネジメントは、東京物価指数(TOPIX)が今年、円建てで10.9%、米ドル建てで16.7%に達すると予想している。 フィル氏は、これは米国と欧州の利下げが市場の予想よりも遅いとの同社の予想が原因だとしている。 対照的に、日興証券は米国株が2.8%、世界株が2.3%の上昇を予想している。

一方、ダルトン・インベストメンツの創設者でロンドン上場のニッポン・アクティブ・バリュー・ファンドの顧問であるジェームス・ローゼンワルド氏は、今後3~5年以内に日経平均株価は史上最高値を取り戻し、5万ポイントまで上昇すると予想している。

日本の株式市場を動かす10のこと

順調な成長

高齢化によるあらゆる課題にもかかわらず、日本経済は発展を続けています。 日興アセットマネジメントは、日本経済は2023年に2.2%成長し、今年さらに1.1%成長するとみている。 これは、米国の成長率が昨年2.3%と今年1.5%、ユーロ圏が昨年0.5%と今年0.5%、中国が昨年5.2%と今年4.8%という同社の予測と矛盾している。 収益も増加しています。 Yardeni Research によると、アナリストは平均して、2023 年に 17%、2024 年に 2.2%、2025 年に 2.1% の収益成長が見込まれています。その理由の 1 つは価格の上昇です。 10月の日本の総合インフレ率は3.3%に達した 大きな変化。 希望は、バックミラーに景気の悪化が映ることだ。

収益の成長

税引き前利益率は、日経平均株価が3万8916ポイントに達した1989年12月には1%未満だったが、7%弱の過去最高値に上昇した。 ヤルデニ氏によると、アナリストの平均利益成長率は2023年に3.7%、2024年に11.5%、2025年に7.2%と予想している。 5年間の利益成長率は10.3%に達すると予想している。

割安株

現在、日本の予想収益は14.4倍であるのに対し、米国は19.9倍、MSCI世界オールカントリー指数は16.4倍です。 マシューズ・ファンズで日本戦略を担当する竹内俊太郎氏は、「日本が永遠に14倍にとどまっているのは、人々が日本が素晴らしい市場になるとは期待していなかったからだ」と語る。 これがバークシャー・ハサウェイが選ばれる理由の1つです。 BRK.A 2023年には日本の商社5社への出資比率を引き上げ、日本株の押し上げに貢献した。

自社株買いと利益の増加

日本企業はネットキャッシュを持っています。 アライアンス・バーンスタインによれば、 を代表する企業 2022年末時点で日本の時価総額の53.5%がバランスシート上の純現金ポジションを占めていたのに対し、米国では39.4%、ユーロ圏では22.8%だった。 Topixの場合、ネットキャッシュは時価総額の19.2%を占めたのに対し、欧州では6.8%、SPXでは3.6%だった。

投資家の活動

株主提案の数は増加傾向にあります。 11月、株主は有名な東芝グループの買収に圧倒的多数で賛成票を投じた。 昨年、大日本印刷 発売開始 大株主自社株買いプログラムやセブン&アイ・ホールディングス(セブンイレブンの親会社)は物言う派の勧めを受けて組織再編を発表した。 「政府は皆さんの敵になるのではなく、世界のリーダーたちが活動し、生き残って繁栄するのを見たいと思っています。政府が私の友人になるのは初めてで、ほとんど不快に感じます」とローゼンワルド氏は言う。

規制当局と投資家は株主価値を求める

これは企業が作るものです より責任を負う。 日本証券取引所は、上場企業であり続けるために、浮動株の最低水準などの厳しい要件を導入しています。 恥ずかしい 簿価以下で取引する企業。 また、簿価以下で取引する企業に対し、どのように業績を改善する計画を発表するかを主張した。 昨年3月、東京証券取引所は、流動性のある株式のいわゆる主要上場銘柄の半数が簿価を上回って取引されており、「将来の価値創造への期待を表している」と述べた。

個人投資家も日本から多くの激励を受けている 強化する 税金上の優遇措置を受けて、人々は個人の普通預金口座を通じて年間いくら貯蓄できるでしょうか? ゴールドマン・サックスのブルース・カーク氏は、2000兆円相当の日本の家計資産のうち株式の形をしているのはわずか13%に過ぎないのに対し、アメリカの家計では約40%であると述べている。

円はまだ安い

これは世界の輸出業者や投資家にとって良いことです。 日本の上場企業の大部分を輸出企業が占めており、世界の投資家は保有通貨に対して円の価値が上昇すると恩恵を受ける。 2023年末には、円は2020年の1ドル=103円から151円付近と数十年ぶりの安値水準まで下落した。日銀が今年信用引き締めを行う可能性があるとの期待を受けて、円相場は若干緩和した。

外国人は強気になっている

9月、ブラックロック投資研究所 彼は言った「当社は現在、好業績、自社株買い、その他の株主に優しい企業改革をより前向きに考えており、オーバーウェイトとなっている。日本も世界的な景気減速の影響を免れないわけではない。しかし、当社の相対的な選好を裏付ける要素は整ってきていると見ている。日本株は地平線上にある。」 6 か月から 12 か月の間の戦術。 陽気な雰囲気長期的な見通しは依然として強い。

古い制度が変わりつつある

新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対応後、日本は米国の状況を目の当たりにしてきた 彼は言う。 2022年にはウクライナでロシア軍と戦うために軍隊を派遣しない。 来た 日本に対し防衛費の大幅増額を求めている。 その1年後、安倍晋三元首相が暗殺された。 「ひどい目覚めでした」と小川は言う。 これをきっかけに、日本はすべてがうまくいくふりをするのをやめなければならないことに突然気づきました。 カーク氏は、今日の改革の一部は以前の提案と似ていると書いているが、 彼はこう付け加えた。 日本はまた、「より困難な地政学と突然のハイパーインフレの出現という、2つの新たな展開に対応」している。

日本に投資する方法

日本のファンドには、アクティブとパッシブの両方から幅広い選択肢があります。 ファンド スクリーナーを使用してみるか、ETF を検索することもできます。 モーニングスターは、ベイリー・ギフォード・ジャパン(シルバー)やベイリー・ギフォード新日本(ブロンズ)など、日本に特化した多数の投資信託も格付けしている。

株を選びたいですか? 偉大な投資家ピーター・リンチは、ソニー、トヨタ、任天堂などの知っている企業を探すようアドバイスしています。 成長見通しを見て、割安かどうかを判断してください。 モーニングスタのウェブサイトをチェックして、公正価値と比較した価格の状況を確認してください。 日本の証券取引所運営者が価値を創造しているとみなしている日本の大企業のリストについては、What's New をご覧ください。 GPXプライム150 索引。

ローゼンワルド氏は、1 つ注意点があります。それは、地元市場のみに依存する企業は避けることです。 「人口動態はひどいです」と彼は言う。 の代わりに、 ローレン・タン、モーニングスター社アジア株ディレクター 輸出向け株が好き、ファナックや車高調システムなど。

竹内氏は、JPXプライム150で第2位にランクされているファクトリー・オートメーション企業キーエンスの株を所有している。彼はまた、半導体化学品と塩ビ製造の世界的リーダーである信越化学工業と保険会社の東京海上のファンでもある。日本国外でのポートフォリオが力強く成長しているため、同社は急速に成長しています。

READ  編集: 日本は純粋で単純な炭素税を「グリーン」テーブルに置くべきです