Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2024 年の EU 選挙: 主要国の投票はどのように行われ、その意味は何ですか?  |  2024 年の欧州議会選挙

2024 年の EU 選挙: 主要国の投票はどのように行われ、その意味は何ですか? | 2024 年の欧州議会選挙

予想通り、多くの国で右翼ポピュリスト政党が大幅な躍進を見せたが、中道右派体制への支持が根強い国もあれば、左翼政党が驚くべき躍進を見せた国もある。

以下は主要な中間調査結果の概要です。


オーストリア

オーストリアのカール・ネハマー首相は、有権者からの「メッセージ」を聞いており、今年後半の国政選挙までに「不法移民」の取り締まりを含め、有権者の懸念に対処するよう努めると述べた。

ネハマー氏は、オーストリアの欧州連合(EU)選挙で極右の自由党が得票率25.7%で第1位となり、得票率24.7%だった保守系与党の人民党を直接上回った最終近くの結果を受けて講演した。

社会民主党が23.2%で3位となり、次に保守党のジュニアパートナーとして現在オーストリアを統治している緑の党が10.7%で、2019年の14%から減少した。

反移民の自由党の党首ヘルベルト・ケックは、「オーストリアとヨーロッパの政治に新時代」を切り開いた「有権者によって書かれた歴史」を称賛した。 自由党は9月に実施されるとみられる国政選挙で票をリードすると予想されているが、政権の過半数を形成するパートナーを見つけられるかどうかはまだ分からない。


ベルギー

日曜日には総選挙と地方選挙にも投票していたベルギー人による三つ巴の選挙が行われた。

欧州議会の議席は極右政党ヴラームス・ベラン党、フランス語圏自由党、国家主義政党N-VA(新フランドル同盟)に二分され、いずれも得票率は約13%だった。

投票ではヴラームス・ベラング氏が僅差で第1位となり、前回の結果に比べて前進したが、極右政党は世論調査の期待には応えられなかった。


デンマーク

北欧諸国はEU選挙の一般的な傾向に逆行し、左翼政党と緑の党が躍進する一方、極右政党は支持率が低下した。

デンマークでは社会主義人民党の支持率が予想外に上昇し、全開票後の2019年の結果と比べて4.2ポイント増加し、得票率17.4%で第1党となった。 与党・社民党は5.9ポイント減となり、得票率は15.6%となった。

メッテ・フレデリクセン首相は、社会党は政治的に社会民主党に最も近い政党であり、左翼政党が勢力を伸ばしているのを見て喜んでいると述べた。

「ヨーロッパの大部分で、右翼はデンマークで際立っている」と彼女はインスタグラムへの投稿で述べた。


フランス

おそらく、ポピュリスト政党の支持率の上昇に対する最も驚くべき反応は、マリーヌ・ルペン率いる極右国民集会が大敗したことを受けて、早期の議会選挙の実施を呼びかけたフランス大統領エマニュエル・マクロンだった。

予測によると、国民戦線はフランスの票の約32%を獲得し、マクロン氏の同盟国が記録した15%の2倍以上となった。

マクロン氏は6月30日に予定される国民議会選挙の発表時に「何事もなかったかのように振る舞うことはできない」と述べた。 「私はあなたに選択肢を与えることにしました。」

左派では、フランスの長年の支持を集めてきた社会党が、より野心的な気候変動政策と欧州企業と労働者の保護を約束し、得票率14%に上昇した。


ドイツ

中道左派に属し不人気なオラフ・ショルツ首相率いる連立与党は保守系野党に敗れた。 キリスト教民主同盟が多数を占める保守ブロックは、得票率30%以上を獲得し、ブリュッセルでドイツ最強の政党としての地位を維持した。

予測によれば、シュルツ氏の中道左派社会民主党の支持率は全国投票で第二次世界大戦後最悪の結果となる14%に達した。

極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は、欧州連合議会の有力候補2人を巡る一連のスキャンダルにもかかわらず、躍進を続けている。 一方、EUの世界的に重要な気候変動政策の主要政党であるドイツの緑の党は支持率が低下している。


ハンガリー

ハンガリーのヴィクトル・オルバン氏率いるフィデス党が最大の票を獲得したが、そのパフォーマンスはここ数年で最悪だった。 推定によると、オルバン首相の政党は得票率43%を獲得すると予想されており、得票率はかなり高かったものの、2019年の前回EU選挙での支持率には約10ポイント及ばなかった。

2月にオルバン首相の党から離党したピョートル・マジャール氏は数カ月以内にハンガリーで最強の野党を築き上げ、同氏の尊重自由党は得票率31%を獲得すると予想されていた。

マジャール氏は支持者らに向けた演説で、フィデス政権のワーテルロー選挙を「終わりの始まり」と表現した。


イタリア

イタリアのジョルジア・メローニ首相は、世論調査で極右政党「イタリア同胞団」が得票率約28%を獲得し、中道左派のライバル党の約25%を上回ったことが明らかになった後、有権者に感謝の意を表した。

メローニ氏の政党は前回選挙以来欧州議会の議席数を2倍以上に増やし、2022年の前回国政選挙よりも多くの支持を得ると予想されている。

五つ星運動は10.5%で3位となり、全国的には2009年の創設以来最悪の成績となった。

すべての政党にとって唯一の失望は投票率だろうが、暫定データによると投票率は50%弱にとどまり、歴史的に有権者の参加が多かった国としては過去最低となった。


オランダ

オランダでは、ヘルト・ウィルダース氏率いる極右政党が左翼・緑の同盟に次いで第2位となったが、期待には応えられなかった。

自由党は得票率17%、元欧州委員会副委員長フランス・ティマーマンス率いる緑の左同盟は21%を獲得した。


ポーランド

元EU指導者で現ポーランド首相のドナルド・トゥスク氏は、2015年から2023年までポーランドを統治していた野党「法と正義」党に僅差で勝利し、ポーランドを右傾化させた。

世論調査によると、トゥスク氏の党の勝利率は37%強で、競合他社の勝率は35%だった。

トゥスク氏は支持者に対し、「欧州連合の指導者であるこれら大規模で野心的な国の中で、ポーランドは民主主義、誠実さ、欧州がここで勝利することを示した」と語った。 「私たちはヨーロッパにとって希望の光であることを証明できたことに非常に感銘を受けています。」


スペイン

スペインの保守系国民党の党首は、同党が与党社会党を追い抜いて第一党になったことを受け、新たな「政治サイクル」の幕開けを歓迎した。

昨夜、人民党は得票率34.2%で22議席を獲得、スペイン社会労働党は得票率30.2%で20議席を獲得、極右政党ヴォックスは得票率9.6%で2議席増の6議席で3位となった。別の過激派であるセ・アカボ・ラ・フィエスタ(党は終わった)は力強くデビューし、左派ソマレ綱領におけるPSOEの連立相手と同じ数の3議席を獲得した。 ポデモスはかつてPSOEを追い抜く可能性がある政党とみられていたが、議席数は6議席からわずか2議席に減少した。 カタルーニャ州とバスク地方のグループを含む地域民族主義政党の連合であるアホラ・リパブリカスが3議席を獲得した。

国民党のアルベルト・ヌニェス・ビエホ党首は、選挙を社会主義労働党首相ペドロ・サンチェス政権に対する国民投票にしようとしていたが、結果を歓迎し、同党が社会党より70万票多く得たと指摘した。

「私たちは新たな政治サイクルを目の当たりにしている」と彼は語った。 「私たちは新たな政治的責任に直面しており、これを謙虚に、政治家としての自覚を持って受け入れています。壁が失われ、代わりに再び橋を架けることになるのは明らかです。恐怖のレトリックが勝てなかったことは明らかです。」 」

サンチェス氏は国民党に祝意を表したが、日曜の結果は同党が「欧州とスペインを席巻する極右の波に対抗できる唯一の与党選択肢」であることを示していると述べた。 さらに「われわれは欧州の進歩と発展を強化するために引き続き努力する」と述べた。

月曜日、スペインの労働大臣でサンチェス政権の3人の副首相のうちの1人であるヨランダ・ディアスは、日曜日の期待外れのパフォーマンスを受けてソマル党の指導者を辞任すると発表した。

READ  熱波予報:アフリカの地獄の砂漠の空気50Cが1週間の奇妙なイベントでヨーロッパを焼きます| 天気| ニュース