Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2025年日本国際博覧会大阪関西は空飛ぶ車の時代の到来を告げる

~~

日本のイノベーターは、コロナウイルスに取り組むための新しい技術を開発しています

日本は高度なエアモビリティの開発に遅れをとっており、安全基準を設定し、国民の理解を得るという課題に取り組んでいます。

しかし、大阪・関西で開催される2025年日本国際博覧会に向けて、「空飛ぶ車」を実現するための実証実験が次々と行われています。

実際、それらはイベントの焦点です。

確かに、航空機の開発、インフラストラクチャのサポート、安全基準の設定、市民の理解など、このタイプの都市の空中移動を実現するには、克服しなければならない多くの障害があります。

クラインビジョンによって製造されたプロトタイプの空飛ぶ車であるエアカーは、2020年10月27日、スロバキアのピエシュチャニ空港を巡航します。クラインビジョン/ REUTERS経由の配布物

現在、欧米、中国のメーカーがこの技術の開発と商品化を進めています。 しかし、未来社会のデモサイトとしても知られるこの展示会が、日本を競争に戻すことができるかどうか、すべての目が日本に向けられます。

建物への垂直着陸

2021年11月、ANAホールディングスは、オリックスらと共同で、空飛ぶ車の実用的な代替手段としてヘリコプターを使用したデモンストレーションイベントを開催しました。 イベントは、航空機の移動時間と運転を比較し、航空機からの騒音を計算し、市内の適切な着陸と離陸の場所を見つけることでした。

「飛行機は現在、大阪府泉佐野上空を飛んでいます。まもなく大阪の繁華街に到着します。」

この発表は、大阪のオリックス本町ビルに集まった記者たちの間で大騒ぎを引き起こした。 関西国際空港から離陸してわずか12分後、ヘリコプターは大きな音で近づき、建物の上に着陸した。

空飛ぶ車は基本的には自動で操作できる電動垂直離陸機です。 次世代の輸送手段としてさまざまな国で開発されています。 車や電車に比べて移動時間が大幅に短縮され、都心から島や山岳地帯への移動に役立つことが期待されます。

10月、東京を拠点とする空飛ぶ車の開発者であるスカイドライブは、貨物ドローンを使用してバッテリー消費量と飛行安定性をチェックし、大阪湾周辺でデモを行いました。

関連している: 日本のスタートアップは、CES2022で空飛ぶ車とAIテクノロジーで群衆を驚かせます

2022年夏には、丸紅エアロスペースもアメリカ企業の車両を使って展示会に関連した実証実験を行う予定です。 航空機の揚力。 このイニシアチブは、大阪商工会議所によって推進されています。

住宅地に注意してください

テスト飛行の主な目的は、高度なエアモビリティの実用化における新たな問題をチェックすることです。 空飛ぶ車を実現するには、多くの課題があります。

たとえば、展開される新しい航空機の種類によっては、車両が事前に設定された安全基準に合格していること、およびオペレーターが免許を取得していることを確認するための認証が必要です。 新機を導入するためには、安全基準等を証明する「型式証明」が必要です。 オペレーターが免許を持っていることも不可欠です。

大阪湾の「空飛ぶ車」を想像してみてください(大阪府提供)

しかし、日本には空飛ぶ車の安全基準はまだありません。 官民評議会の助けを借りて、政府は現在、これらの資格を設計する方法を研究しています。

インフラストラクチャのハードルもあります。 垂直離着陸には専用のスペースが必要であり、これは主要な都市部を確保するための課題です。 ANAホールディングスは高層ビルの上にあるヘリポートを使って実験を行うことができましたが、これも政府の許可が必要でした。

住民の理解(そして協力)も不可欠です。 三菱総合研究所が2020年8月に実施した調査では、65,000人の回答者のうち空飛ぶ車について聞いたことがあるのは3分の1に過ぎませんでした。 住宅地を飛ぶ車について尋ねたところ、31%の回答者が緊急の場合は許容できると考えていましたが、そうでない場合は注意を示しました。

定期的な進捗状況

国民の準備ができているかどうかにかかわらず、空飛ぶ車の技術開発は国内外で本格化しています。

米国の地元の報告によると、 ジョビーアビエーショントヨタ自動車とインテルが投資したプロジェクト支援航空会社は、2023年に就航する予定であるため、FAA認証の申請を継続しています。国家航空宇宙局(NASA)は、2021年9月にゴビとの飛行試験を実施しました。

翌月、2021年10月、ドイツの航空機メーカー ボロコプター 彼らは2023年に日本での公開試験飛行の計画を発表しました。彼らはまた大阪博覧会で飛行することが期待されています。

ドイツの会社LiliumGmbHは、2023年にフロリダで飛行サービスを開始する予定です。そして中国の会社 ihang カナダで試験飛行を実施するための承認を取得しました。

ネバダ州ラスベガスで2022年1月に開催されたConsumerElectronicsShowでここに示されているSkyDriveテスト車両。

スカイドライブは元トヨタ自動車のエンジニアによって設立され、2020年8月に有人試験飛行に成功しました。

三菱総合研究所の青木喬主任研究員は、「日本は機体開発の面で西側に1、2年遅れている」と述べた。 彼は、展示会で空飛ぶ車サービスを提供するという目標を明確にする必要性を強調し、同時にインフラストラクチャの要件を満たす必要があります。

空飛ぶ車に未来はありますか? 中村博昭-大阪府立大学客員教授、住友精密工業株式会社元常務取締役。 株式会社、そして空飛ぶ車に精通している-空飛ぶ車は避けられない。

「日本では、最初に空飛ぶ車を観光に使用し、次に離島や山岳地帯への旅行、そして特に自然災害の場合の緊急事態に使用するでしょう」と彼は言いました。

「大量生産は2030年以降に開始され、都市部での使用が拡大するでしょう」と中村氏は語った。

同時に、中村氏は「空飛ぶ車は飛行機よりも身近にある可能性が高いため、厳格な安全基準を確立して承認する必要がある」と述べた。 「安全基準を策定・明確化し、実用分野を徐々に拡大していく必要があります。」

著者:黒川信夫

READ  ウォール街で株価が下落した後、日本の日経225指数は2%以上下落した