Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2030年は再利用可能なミサイルを発射するように設定されています

東京>>日本政府は、打ち上げ後に回収できる再利用可能な部品を備えたロケットの開発を計画しています。 今年度運用開始予定のフラッグシップH3ミサイルの後継機となる。

再利用可能なロケットの最初の打ち上げは、早くも2030年に行われます。

再利用可能な部品を組み込むことで、開発コストが大幅に削減され、国際舞台での日本の競争力が高まり、世界の衛星市場が成長します。

計画は文部科学省によって概説されました。 ドラフトは、約5年でスケールモデルのテスト飛行を実施し、2030年頃に最初のロケットを打ち上げるという目標を設定しています。

地球観測衛星の需要はありますが、H2Aロケットの打ち上げ価格が高すぎるため、現在の日本のロケット(約9,200万ドル)は、海外での衛星打ち上げにあまり商業的関心を集めていません。

高額の支払いを避けるために、H3ミサイルの発射費用は4600万ドルに抑えられます。 H3を追求するために、開発者は、部品を収集して再利用できるように、制御された着陸を行うことができるロケットの設計を目指しています。

日本はまた、民間開発の部品を統合することにより、H3よりも低コストでこのようなミサイルを発射することを目指しています。

コロナウイルスの発生に関する完全な報道を見るには、ここをクリックしてください。 送信 コロナウイルスのニュースのヒント。

READ  リバプールでのユーリ・ティルマンズのスタンスは、マイケル・エドワーズが別の大きな移籍の冒険の準備ができていることを示しています