Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

21歳の投手佐々木朗義がWBC準決勝で日本代表に先発出場。

21歳の投手佐々木朗義がWBC準決勝で日本代表に先発出場。

アルトン・ゴンザレスESPNスタッフライター1分間読んだ

マイアミ — メジャー リーグ以外で世界最高の投手であるロギ ササキが、月曜日にロンティボット パークで行われるメキシコとのワールド ベースボール クラシック準決勝で日本にボールを持っていく、と日本人監督の栗山英樹が彼のチームの練習後に発表した. 日曜日。

21歳の佐々木は、日本プロ野球で通算212回2/3イニングで防御率1.95を記録し、打者260奪三振、42失点を記録している。

佐々木は昨年4月、千葉ロッテマリーンズでプレーし、17回連続パーフェクトイニングを投げ、その過程で52回連続打者を引退させた。 佐々木は、1994年以来の日本のトッププロリーグ初の完全試合で19打者を奪い、次の先発で8回の完全なイニングで引き抜かれた。 次にマウンドに上がったとき、彼は始球式で安打を降伏した。

佐々木は左打者としてメキシコと対戦する パトリック・サンドヴァル3月11日、彼はワールド ベースボール クラシックでチェコ共和国に勝利し、3/2 イニングのランを許しました。 佐々木は大リーグでプレーすることを熱望していると語ったが、いつ、あるいはそうするかどうかは分からない. – 彼のチームは彼を投稿します。

「彼の年齢を見ると、彼は非常に若いが、彼は非常に才能のある投手だ」と栗山は通訳を介して語った。

READ  日本の新首相は引き続きコーポレートガバナンスを改革するのでしょうか?