Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

22年前半、マレーシアの日本の景況感は改善

クアラルンプール:マレーシアの日本商工会議所(JACTIM)が実施した調査によると、マレーシアの日本企業の景況感は2022年上半期(2022年前半)に改善すると見込まれています。

年に2回実施される調査によると、ビジネスセンチメント拡散指数は、2018年後半からマイナスの領域にあった後、2022年上半期には3.1ポイントに改善すると予想されています。

小野沢舞氏は、世界的な回復に基づくマレーシアの見通しについて多くの日本企業が楽観的であり、マレーシアでの貿易活動を継続する予定であると述べた。

2021年下半期のマレーシアのビジネス動向に関するJACTIM調査は、製造業120社、非製造業71社を含む552社のJACTIM会員企業が参加して9月に実施されました。

小野沢氏はベルナマへのインタビューで、「調査では、多くの回答者が、予防接種率の上昇に伴い、マレーシア政府の社会的および経済的活動に対する規制が緩和された後、生産活動が徐々に再開していると述べた」と述べた。

2022年6月までの新車購入に対する販売およびサービス税額控除の延長も自動車産業を支えていると述べた。

「サービス部門、特に製造業に関連するサービスに関しては、国家復興計画の第4フェーズへの移行に伴う規制緩和への政府の動きにより、製造業は生産活動を増やすように刺激されました。

「これにより、関連製品の輸出入、販売、輸送などの関連サービスの需要が増加しました」と彼女は言いました。

小野沢氏は、2021年下半期の景気低迷と長期の操業停止による雇用の減少により、景況感は低かったと述べた。

彼女は、大規模な製造業が十分な労働者を確保するのが難しいと感じたので、労働力不足はCOVID-19パンデミックの前でさえ一般的な問題であったと言いました。

「2020年6月から外国人労働者の新規採用が停止されたことで、COVID-19感染への対策に加えて、確保できた一般労働者の数が大幅に減少したと多くの企業が述べています。

「日本企業は積極的にマレーシア人労働者を採用しているが、特にセランゴールやジョホールのように多くの企業が集中している地域にある企業では、離職率が非常に高い」と彼女は述べた。

マレーシアでの経済活動を継続するためには、日本企業にもエンジニアや生産管理者などの高度な人材が必要であるが、人材の数が不足しており、採用が困難であると強調した。

「安定した最低労働力を確保することも重要である。マレーシア政府に、マレーシアの労働者を訓練して雇用を促進し、必要に応じて新しい外国人労働者の雇用を再開する機会を増やすよう要請したい」と彼女は付け加えた。

小野沢氏によると、多くの日本企業は、労働力不足のために生産が需要を満たすのに十分ではないと述べた。

「さらに、一部の企業は、輸送の中断などの問題のために、国内外の供給元からスペアパーツや材料を調達するのが難しいと感じています。

「これらの問題はすぐには解決できないため、企業は過剰需要の状況が当面続くと予想している」と彼女は述べた。

現在の状況を踏まえ、JACTIMは政府に対し、外国企業が双方にメリットのある状況でマレーシアでの経済活動を長期間継続できるようなビジネス環境を構築するよう要請した。

「政府が既存企業の安定運営を引き続き支援してくれることを期待している。

「米国と中国の間の貿易紛争を考慮して、マレーシアに投資するための新しい投資先を探している企業を作るために、好ましい投資環境を持つことも重要です」と彼女は言いました。

小野沢氏は、現在マレーシアで事業を行っている日本企業の多くは30〜40年以上営業しており、いずれもマレーシアでの事業活動を継続したいと考えていると述べた。

彼女はまた、追加の再投資手当を延長する政府の動きを賞賛し、外国企業とマレーシアの両方が新しい投資を引き付けることは有益であると述べた。

小野沢氏はまた、明確なカーボンニュートラル政策の重要性を強調した。

「ゼロエミッションの達成とゼロエミッションへの道のりでの安定したエネルギー供給の確保の両方の観点から、移行資金を使用して既存の化石燃料を使用する現在の従来の発電システムを引き続きサポートすることが不可欠です。

「同時に、補助金やカーボンニュートラルな代替案の優遇措置など、目標を支援するための迅速かつ明確な政策を実施することも必要です」と彼女は付け加えました。 -プログラム

READ  東田角| ロンドンビジネススクール