Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

25 年間の企業の資産形成から得た 5 つの教訓

過去 25 年間は、大企業にとって有益でした。 1990 年代半ば以降、OECD 諸国に占める民間部門の割合は比較的一定しているが、年間収益が 10 億ドルを超える企業の割合は 1995 年以降 60% 増加している。金持ちはより裕福になっている。 しかし、この主要なトレンドの背後には、マッキンゼー グローバル インスティテュートの新しいホワイト ペーパーが示すように、地理的、社会的、経済的な微妙な違いがたくさんあります。

研究者は、過去 25 年間、豊かな国の民間企業と公開企業の両方の経済的貢献を研究してきました。 この論文を読んで、社会における企業の役割についての議論を充実させるべきである、政策立案者と企業リーダーのための5つの重要な教訓に感銘を受けました。

第一に、資本に関連してビジネスが被る損失は、これまで考えられていたよりも深刻です。 1990 年代半ば以降の生産性の向上は実質 25% でしたが、賃金は 11% しか上昇していません。 一方、資本所得は 3 分の 2 増加した。 生産性と賃金の間のリンクが壊れたという疑いがある場合、これは落ち着くはずです。

これは、資本富のより広範な共有に対する議論を強化します。 現在、米国の上位 10% の世帯が株の 87% を所有しています。 MGI ディレクターの James Maneka は次のように述べています。 」

企業は、より多くの従業員またはすべての従業員に株式所有権を提供できます。 しかし、公的部門はまた、カリフォルニア大学バークレー校の経済学者エマニュエル・サエズとガブリエル・ズックマンによって最近提案された、企業の株式資産に課税することもできる. あるいは、最大かつ最も裕福な企業、特にビッグテックのプラットフォームによって蓄積された豊富なデータの一部を代表する個人にデジタル配当を支払うこともできます。

年間収益が 100 億ドルを超える企業が収益と付加価値の 3 分の 2 を占めていることを示す、さまざまな企業指標の平均シェア グラフ

これは、無形のルールという別の重要な教訓を示しています。 企業が経済に影響を与える可能性のあるすべての方法 — 支払う賃金や税金から、より安い料金で生み出される消費者余剰、環境への影響などの負の外部性まで — 過去25年間で急激に成長したのは、技術、ソフトウェア、特許などの無形資産への投資これは 200% 増加します。 それは企業の生産性を高めますが、それはまた、主要な政治的懸念である短期から中期の失業回復プロセスと相関しています。

これは、3 番目の教訓につながります。ビジネスの種類が異なれば、家族や経済に与える影響も大きく異なるということです。 MGI の論文では、企業を 8 つの原型に分けています。発見者 (たとえば、科学の最前線を推進するバイオテクノロジー企業)。 デジタル経済を構築するプラットフォームを含む技術者。 専門家 (専門サービス、病院、大学); 製品を配布および販売する指揮者。 メーカー (メーカー); ビルダー; 燃料。 と金融.

20 世紀のほとんどの期間、メーカーとビルダーは注目に値するものでした。 過去 25 年間で、彼らは他のアーキタイプに負けました。 1995 年のデータ セットでは製造業者が大企業の 56% を占めていましたが、2016 年から 2018 年には 41% に過ぎませんでした。 しかし、それが減少するにつれて、良い雇用も減少します。 製造業者は、そのサプライチェーンと物理的スペースの必要性と有形財への投資のおかげで、労働収入に平均より 20% 多く貢献し、最も多くの人々を雇用し、最も広い地理的分布を持っています。

彼らが競争力に関する全国的な議論の中心にいるのも不思議ではありません。 日本やドイツ (政策立案者がまったく後退していない) などの一部の国では、自国を支援するための具体的な政策決定を行っています。 米国や英国などの他の国は、それほど多くのことを行っていません。

4 つ目の教訓は、国によって企業の利益が大きく異なることです。 技術者は米国と韓国をリードし、製造業者はドイツを支配しています。 オランダとフランスの主要な金融業者は、探検家とイスラム教徒を中心に展開しており、特に高級品部門で注目されています。

この調査では中小企業を特に調査していませんが、中小企業にとって困難な時期を示唆しています。 収益に占める割合として、大企業は 25 年前に比べてサプライヤーへの支払いが少なくなっており、それらのサプライヤーの多くは中小企業です。 これらの企業は労働集約的であり、通常は大企業よりも労働集約的であるため、これは社会的および政治的に重要な意味を持っています。

年間売上高が 10 億ドルを超える企業の本国の GDP に対する企業の総付加価値貢献の割合のグラフ。大規模なグローバル企業が自国経済にとってより重要になってきていることを示しています。

ここで、最後の教訓につながります。競争は重要です。 私たちは超経済社会に生きていることを知っています。 これは、多くの点で、グローバリゼーション、金融、プラットフォームの巨人の台頭の必然であり、彼らが振るう独占力のために世界中で非難されています。 大企業、特に米国では、過去四半世紀にわたって最大の経済成長を遂げてきました。

しかし、ビジネスがさらに 25 年間自由な成長を享受するには、より幅広いステークホルダーを豊かにすることができることを示す必要があります。 技術者や製造業者によって生み出された製品やサービスの価格低下による消費者余剰は、自動化によって失われた雇用を完全に補償するものではありません。 特に米国では、高所得の家族が、ビジネスの富の大部分を占めています。

過去 25 年間は、ビジネスが莫大な富を生み出すことができることを示しています。 次の 25 人は、その富を平等に共有できることを示す必要があります。

[email protected]

READ  今週のアクション| エコノミスト